メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

トト・ザ・ヒーロー

2018/01/13  13:30
0
0
n_623acbr90855rpl.jpg
【概略】
トマ少年は家族5人で幸福な暮らしを送っていたが、ある日父が行方不明となってしまい、以来一家に不幸が続いてしまう。トマは名探偵トト・ザ・ヒーローとなって父を救うと大好きな姉アリスに誓った。波乱万丈の愛のドラマ。
ドラマ



.5★★★★☆
主人公のトマは、自分が産院の火事のどさくさで、向かいの裕福な家庭の子供と取り違えられ、そのため姉のアリスと恋し合えず、幸福な人生を向かいの息子アルフレッドに全て奪われてきたと思い込み、自分の人生を取り戻しに出発する…といったストーリー。

「ミスター・ノーバディ」の監督の初監督作品でもあります。老人トマ、青年トマ、少年トマ、そして、トマが子供の頃憧れた探偵ヒーロー「トト」になった空想の世界がファンタジックに展開されていきます。ともすれば重くなりがちの「悲劇」をテーマに、優しく素敵な映画になっています。

現実と空想が交錯する映像表現は、まさに「ミスター・ノーバディ」の前身。姉に生き写しの女性との出会いと別れ、繰り返しかかる陽気な「ブン」のメロディーとともに、哀しいながらも微笑んでしまいたくなるようなラスト、空想の世界のトトの活躍、姉への思慕、揺れるチューリップ。

姉アリスの子供っぽい無邪気さと成熟した大人の女性のような二面性を持つ雰囲気がまた良かった。この年頃特有の危うさも。同時にトマの姉への気持ちが強く残る。また、のちにアルフレッドも彼女を忘れられなかったのだということも。この二人もアリスを含めて人生のある点において密接に結びついて人生を送っているのですよね。
やがて老トマは銃を片手にアルフレッドへの復讐をしようとするのですが…。サスペンスになりながらもファンタジックさを残す演出の上手さが光る。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿