アクション・SF・歴史・パニック

ワンダーウーマン 1984

n_6051000800294rpl.jpg
【概略】
1984年、禁断の力を手にしたマックスの陰謀により、滅亡寸前となった人類。スーパーパワーを持つ最強戦士・ワンダーウーマンは、たったひとりで世界の危機に立ち向かう。
製作年:2020年
製作国:アメリカ
収録時間:151分
ジャンル:アクション
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
最強ヒーロー・ワンダーウーマンの活躍を描く体感型バトルアクション。
最初は何の神々かはわからなかったが、魔法の石の力で、外見はかわったが蘇ったスティーブ。ダイアナにとってはこれ以上のない願い。
でもその前に、ダイアナみたいになりたいという願いをした女性学者や(だんだん社交的で垢抜けて、しかもダイアナの様に強くなる)魔法の石の力そのものを欲しがったマックスなどもいて。ただし望みをかなえるには代償がいる。そもそもこの魔法の石を使用した文明はすべて滅びていた。
150分以上の長尺の割には短く感じたけれども、世界中の人々に呼びかけて、その願いを「取り消す」と言わせるの、無茶だな。絶対一人くらいは取り消させたくないって思ってるはず。
ラストで「この世界は素晴らしい」と人間賛歌するのは、ワンダーウーマンらしいけど。
しかしそれにしても衣装がだっさいんだよな…伝説の装備あれどうみても聖闘士星矢…。羽もすぐ役割終えて落としちゃうし。
アメコミから脱落しつつある精神で私はみてるのでアレですけど、楽しめる人は楽しめるだろう。
しかしガル・ガドットさんは美しいわ…。
関連記事
ジャンル: 映画
テーマ: 映画感想
( 最終更新日: 2021/05/02 Sun )
  • コメント: 6
  • トラックバック: 5
ランキングに参加しております。 ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

シェアする

コメント

こんにちは!

全く同じ事を思いました。
誰か一人くらいはそのまま願いを続けるだろうて。
なんかそこが都合良過ぎて萎えました。
その辺踏まえても話が妙に薄い気も(1作目と比べたら)。

ヒロ之 さんへの返信

こんにちは。
そうなんですよ…もっと強欲な人間いていいと思う!(笑)
そこ人間の良い部分をだして、ワンダーウーマンに人間すてたもんじゃないな☆と思わせるシーンなんでしょうが(ダークナイトみたいなの)、
私も話が薄く感じましたわ…。
アクションも少ないし、満足感低めでした

時代が1984年、トラボルタの最初の全盛時代だから、まだまだ人々が純朴だったんじゃないでしょうか?

fjk78dead さんへの返信

こんにちは。
あ~時代かあ。
いやそれでも「金持ちになりたい!」という望みとかは多分みんなもってたりとかして、それを取り消そう…と思えるほどの純朴な人がいたんだろうか…
なんか世界の危機が間近に迫って見えてて、滅びるか願いを消すかの2択だったらわかるんですけど。

ガルルはよかった、ガルルは…。
どうも、前作を思ってしまって、敵役なんかについても、いろいろと気分あがらないなーと残念な気分が。

ボー さんへの返信

こんにちは。
願いをひとつだけかなえてやろう…という提案に
「私もアンタみたいになりたい!」っていう
「願いを1個じゃなくて100個にして」と同じような選択肢を選んだ悪役…
本作はスケールは大きいのかもですが、お話が薄くてアクションもいまひとつ派手さがなかったためか、世界中の人々の欲望を叶えても、ガルさんの言葉だけでみながそれを捨てるってのがあり得ない話すぎて、萎えましたね

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

◆『ワンダーウーマン 1984』ユナイテッドシネマ豊洲9 ▲あの「傘」の映画の「傘」に似てる。 五つ星評価で【★★★いやあちゃんとしてるけど長くね?】 面白いです。 でも、この単純な話に割いてる時間は長い。長くて持たせちゃうのが凄いのだけど。 二段変身までするワンダーウーマンの敵がスーツのサラリーマンという対比が面白い。しかも、この男、周りに守らせるだけで、プロテクターや武器などを一切...

私に小学生の女の子がいたら、絶対に一緒に連れて行って観たい作品。これは別に本作が子供騙しだという意味ではない。娘を連れて行きたいと思ったのは、女の子の夢とロマンが溢れているから。一人の男をずっと愛し続けるというロマンも含めて。だが、実際には私には娘はいないし、では息子が小学生だったら連れて行ったかどうかは微妙な所である。だって女の人がみんな一人の恋人のことを一途に生涯忘れられないなんて誤解し...

“欲望が溢れる狂乱“の時代、1984年。 最愛の恋人スティーブを失い悲しみや孤独と向き合うダイアナの前に、死んだはずのスティーブが現れる。 それは世界の破滅の始まりだった…。 女性スーパーヒーローアクション第2弾。

「ワンダーウーマン」の続編で、今度の舞台は1984年。代償と引き換えになんでも願い事を叶える魔法の石が出現。その石に触れたことでダイアナは最愛の人の復活を願い、ダイアナの同僚バーバラはダイアナのようにありたいと願ってしまう。またTVで全米に顔を売っている投資会社社長のマックスは、その勢いとは裏腹に会社の経営は立ち行かず困窮しており、その石を盗み出し自らがその力を持つことを欲した。世界中の人々...