メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

エクソシスター 悪夢の夜明け

2021/04/18  12:09
0
0
ekusosisi.jpg
【概略】
父親の手によって、自分以外の家族全員を殺された少女ローズ。彼女は修道院に引き取られ平穏な日々を過ごしていたが、10年後のある日、父親と同じ悪魔が自分の中に潜んでいることに気付く…。
製作年:2019年
製作国:アメリカ
収録時間:90分
ジャンル:ホラー
日本語吹替:あり

.5★★☆☆☆
ペンシルベニアが惨劇事件の舞台…。それだけでなんかキュンと来るのはなぜでしょうね!
実父に、母親、兄弟姉妹を殺され、ひとり生き残ったローズ。面倒を見てくれる祖父母や家族が他にいず、警官が「俺が小さい頃にいっていた、お城みたいなところに行くかい?」ということで修道院へ送られたローズ。
10年後、いまだ父親の影から離れられないでいる(そりゃそうだ)ローズは終生誓願を行うかどうか迷っていた。「もっと、他に出来る事があるような気がして…」
なんやかんやしてるうちに、夢の中で悪魔祓いを受けそれがあまりにも現実のようで、どちらが夢で現実なのかがわからなくなってくる。
こういっちゃなんだけど、ローズの悪魔憑きが叫ぶだけでつまらんなあ…と思ってたんだけど、こっちが現実で静謐な修道院が夢だった。
そして「異教徒の魔術だ!」と言われた、じじ様のペンダントが役に立つのかと思えばそう役立たずに終わるという…。
で、結局ジェレマイアって何者なの。まばたきしないから、あちら側の方ですかね。…と思ったら、最後に文章になって出てたよ。
アミティビル事件がはじまったのが、ジェレマイアと名乗る神父がアミティビルに来てからだということ。犯人の父親が、何者かの声が聞こえ、闇の中で凶器を渡されたと主張している事。そう考えれば、ローズの父親と同じような感じだし、そして「悪夢」の「夜明け」のところに、「アミティビルの」の文字がついて、なるほど!となった。
…でも、うん、それだけ…。うん、なるほど!という…。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿