メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

クローゼット

2021/04/17  20:30
2
1
n_604kwx2472rpl.jpg
【概略】
事故で妻を亡くしたサンウォンは、心を閉ざした娘・イナのため郊外に引っ越す。イナは徐々に明るさを取り戻していくが、ある日忽然と姿を消してしまう。
製作年:2020年
製作国:韓国
収録時間:98分
ジャンル:ホラー
日本語吹替:あり

.5★★★☆☆
ハ・ジョンウ、キム・ナムギル共演によるミステリー。
サスペンス・ミステリーだと思っていたらまさかのホラーでした。
この郊外の屋敷にあてがわれたイナの部屋のクローゼット。これが実はホラー要素だったんです。
「『神と共に』観てない?」「『インターステラー』にも出てきます」にちょっとニヤリとした。
退魔師のホ室長が現れて、娘イナの失踪が少女の悪霊の仕業だとわかるのだけれども、たくさんの子供の悪霊が出てくる。でもその元凶はたった一人の少女霊なのです。
ミョンジン。病院でホ室長が気絶する前に呟いた言葉…。
それをもとにサンウォンは、娘がいなくなったという男のもとに行くのだけど、ミョンジンがクローゼットの中で亡くなった事を知る。
クローゼットの中は「異界」になっていて、悪霊となったミョンジンは似た境遇の子を連れ去っていた。
周波数が合えば、向こうからこちらから、相手が見えるようになる。
パニック発作の時に一瞬ミョンジンと繋がれたサンウォンは、無理やりクローゼット(異界)に入って娘を連れ戻そうとする…という話。
人形島のような、たくさんの人形描写も出てくるし、それだけで怖い人は怖いだろう。
ただ基本は、異界の中での子供たちの楽園…家族に愛されなかった、虐待や放置されてた子供たちの哀しさや親子の愛情を描いてる。
中(異界の中でのサンウォン)と外(クローゼットの外でのホ室長)でのそれぞれの攻防がわかりやすく描かれていて良かったように思います。あとは「中」任せにならないところも良かった。
ミョンジンが母親の姿をみて「お母さん…!…どこ!」となるところ、悲しいよね。
大人の都合で翻弄される子供たちにたいしての、「本当にごめんな…」という、ある意味での偽善や嘘をつかない謝罪は、良かったように思います。
でもラスト…。ミョンジンではない、新たな悲しい子供が生まれていたのですね。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2021/04/21 22:13

お父さんは頑張りすぎると「過労Z」になるので気を付けよう。
コメントアバター画像
maki 2021/04/21 22:34

fjk78dead さんへの返信

こんばんは!
お父さんに限らず、お母さんも!

コメントの投稿

トラックバック

『クローゼット』シネマート新宿1 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

◆『クローゼット』シネマート新宿1 ▲お父さん=「苦労Z」。 五つ星評価で【★★ショック映像は上手いが選択肢が少ないのではないか】 怪異に連れ去られてしまった娘を取り戻したい父親。 父親には、事故で母親を失った後、子供との生活を成立させる為に、仕事に没頭しなければならない事情があった。だから、彼は娘を奪い去った娘と同類の怪異に、親の愛を証明しなければならない。もう、これは結末が二つしかな...