メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

魔女がいっぱい

2021/04/11  16:35
2
3
n_6051000799107rpl.jpg
【概略】
豪華ホテルに現れた美しく凶悪な魔女には、とてつもない秘密の企みがあった。
製作年:2020年
製作国:アメリカ
収録時間:104分
ジャンル:ファンタジー
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
アン・ハサウェイ主演で、ロアルド・ダールの児童文学を映画化。
口が裂けてる線があるので、これは裂けるなと分かってしまうのが難点ではあるものの、アン・ハサウェイのオーバー演技が面白いです。
しかし、主人公の少年がネズミになった途端、快活で逞しくなっててね^;大魔女のアン・ハサウェイや他の魔女たちをネズミ化させて、やったー!という話。そしてネズミ化したまま年を取って生活…という流れ。
飼っていたネズミのデイジー(白い女の子ネズミ)が実はネズミに変えられてた人間だったってとこは面白かった。
でも、太っちょ君は両親には理解されずに(理解されないほうがいいか)別れて暮らすのは寂しくないのかね。
おばあちゃんの薬学などの知識も、大魔女の薬にはかなわなくてってのは現実味あるけど、例えばラストの子供たちを魔女ハンターに仕上げるとことか、本だったら楽しめるところが、映像になると、ロアルド・ダールらしい話ではあるのですが映画としてはたぶんほとんどの方が「え…^;」てなる気がする。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2021/04/11 22:20

「どういう話?」
「魔女が失敗」
コメントアバター画像
maki 2021/04/12 19:48

fjk78dead さんへの返信

こんばんは、
やまだくん、座布団一枚もってって

コメントの投稿

トラックバック

『魔女がいっぱい』(2020) - 【徒然なるままに・・・】

ロアルド・ダールの小説をロバート・ゼメキス監督が映画化。プロデューサーがギレルモ・デル・トロとアルフォンソ・キュアロンというのが気になるし、音楽はアラン・シルベストリ。出演はアン・ハサウェイにオクタビア・スペンサー、スタンリー・トゥッチ、クリスティン・チェノウェス、クリス・ロック、ジャジール・ブルーノ、コーディ=レイ・イースティック。両親を事故で亡くした少年が、祖母に引き取られようやく明るさ...

『魔女がいっぱい』ユナイテッドシネマ豊洲2 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

◆『魔女がいっぱい』ユナイテッドシネマ豊洲2 ▲アン・ハサウェイ、役者やのう。 五つ星評価で【★★★ラストそれなんかい?】 オクタビア・スペンサーがまたド善人。 紹介するのも面倒とばかり、大前提抜きにして、気のいい善人に仕立ててしまうのはキャスティングとしてはつまらないと思う。このオクタビア・スペンサーが主人公の少年の保護者にして、在野の白魔術師であり、なおかつ、ポンコツという位置づけ。...

魔女がいっぱい - 象のロケット

魔女は実在していて、実は世界中に潜んでいる。 若くおしゃれで上品な美女たちが、普通の人間の暮らしをしながらこっそり人間に邪悪な魔法をかけているのだ。 彼女たちの頂点に立つ邪悪な大魔女<グランド・ウィッチ>が目論む計画に、ある少年が気づいてしまう…。 ファンタジー・コメディ。