メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

デッド・ドント・ダイ

2021/04/06  20:04
2
2
n_622vpbu23359rpl.jpg
【概略】
警察官が3人しかいないアメリカの田舎町・センターヴィルで、無残に内臓を食いちぎられた女性ふたりの変死体が発見された。警察署長のクリフと巡査のロニーは、困惑しながらも捜査を開始するが…。
製作年:2019年
製作国:スウェーデン/アメリカ
収録時間:104分
ジャンル:ホラー
日本語吹替:なし

.0★★★☆☆
ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー共演。
一応ゾンビコメディなのですが。
色んな映画の小ネタが出てきてたり、同じ会話を3度違う人物が発したりと、小さい事でちょっと笑える。
でもあれだなー、青少年更生施設みたいなところにいる少女2人とジェロニモ少年が、普通にいい子なのが気になる。
墓場から現れるゾンビはいいんですが、微妙に知性があるところは嫌だな(生前行動でしたが)。
でもとりあえず、ガススタンドの「フロド」ことボビーと、巡査のロニーが言った通り、「ゾンビ」事件であることは間違いなかった(笑)。
「頭を殺れ」
それにしても、ティルダ・スウィントンが演じるゼルダが、UFOに吸い寄せられ飛んでいく様は、なんとなく「あり」だなと思った。だってなんか、人間を超越してる顔立ちしてません??元・大天使ですしね(笑)
結局、最終的には、語りの人がそのものズバリ言ってましたが、なにかしらの欲に駆られた人間は生きながらにしてゾンビと同じであるって事なのでしょうね。そう、テーマ曲でもあり、何度も劇中で繰り返される曲「デッド・ドント・ダイ」の歌詞のように…。
しかし、あの施設を脱出した子供たちジェロニモら3人はどうなったのか気になる。あと世捨て人のもじゃもじゃの人とか。
ゾーイたち3人が、何か重要な役回りになるのかと思ってたのですが「ゾーイよ!」って名乗ってたし、それに、ゾーイが運転してガソリンいれて、なんとなく男二人が役立たない感じが、彼女の「強さ」を感じられたんだけども…でも普通に殺られ役で笑った。一応あれセレーナ・ゴメスですよね?
うーん、でも映画ネタは確かに面白かったですけど、作品自体が凄く、ゆる~~いんですよね。テンポもいいとは言えない。
このユルさ、テンポの遅さ、何より致命的なのは「盛り上がりのなさ」が際だったように思います。
個人的には前半楽しめた、後半眠くなったという感じ。ビル・マーレイとアダム・ドライバーが並んでぽつんと立ってるのは、なんか良かったけど(笑)
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
ボー 2021/04/29 09:58

ボーっとしちゃった。ボーだけに。
いや、ボーっとしてたら、やられるって。
コメントアバター画像
maki 2021/04/30 20:50

ボー さんへの返信

こんばんは。
俳優さんが好き ってわけじゃなかったら、
特別面白い!!!!!て作品でもなかったような気がしますね
コメディ部分もクスッ…というほどでもなかったし
とはいえ問題なく観れたんだから、一定の面白さはあったはずですよねえ

コメントの投稿

トラックバック

デッド・ドント・ダイ - 象のロケット

警察官が3人しかいないアメリカの田舎町センターヴィルで、内臓を食いちぎられた女性の変死体が発見される。 この町では、夜になっても太陽がなかなか沈まず、スマホや時計が壊れ、動物たちが失踪する異常現象が続発していた。 警察署長クリフと巡査ロニーは、奇妙な住民たちが暮らす町をパトロールするうちに、無数の死者が地元民に噛みつく光景を目にする…。 ホラー。 R-15