メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

マスク・オブ・ゾロ

2021/03/04  12:11
0
1
n_606rdd26102pl.jpg
【概略】
かつてゾロとして彼と対決したディエゴは、元知事モンテロの野望を挫くべく、盗賊あがりの若者アレハンドロを後継者に育て上げようとする。20年前、ディエゴはモンテロによって投獄され、愛妻を失っていた。一方アレハンドロも、モンテロ配下の者によって兄を殺されていた。ディエゴの厳しい訓練により、新ゾロとなったアレハンドロは、ディエゴの娘を救うため、自らの復讐のためにモンテロに闘いを挑んでゆく。
製作年:1998年
製作国:アメリカ
収録時間:137分
ジャンル:アクション
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
アントニオ・バンデラス、アンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演。
そういえば最近キャサリン・ゼタ=ジョーンズって映画で全然見ないな?引退したのかしら…?
ハイ、英雄が年をとってその技術を若い青年に鍛えうつして復讐する活劇ものー!(ざっくりすぎ)
昔何度か観たなこれ。ゾロの話って何度か映画化されてて、でもこのシリーズが一番見やすかったなあ。
今更感はありますが、まあ娯楽作ですよね。ドキドキハラハラさせながらも正義の復讐はなされた、みたいな。
あとアンソニー・ホプキンスが格好良かった。昔見たときは、大人の色気がムンムンだと思ったんだけど(アントニオ・バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズね)、今回見直すと、私が年をとったせいか、二人ともイケイケじゃなくて、おとなしめに感じた。特にエレナ、お嬢様じゃん(いやお嬢様だけど)。私は渋いアンソニー・ホプキンスのほうが好み。
それにしても「よし、殺しちまえ」が笑った。
アンソニー・ホプキンス@ディエゴのもとで修行し鍛えられ、粗野でちんけな盗人をしてたアントニオ・バンデラス@アレハンドロは、強く賢く冷静な気品と勇気ある男に育っていく…。
賞金稼ぎのジャック様の最期が良かった。
しかし、なんせ20年牢屋に入れられての復讐&兄を殺された復讐だからね…。娘エレナは何も知らず宿敵の娘として育ってるわ、敵が兄の首漬けの酒を飲んでたわ。正直、ラファエルよりもラブ隊長のほうが性格悪いよね。炭鉱を爆破して証人は全て消すとかさ。少なくもラファエルは「…鉱夫たちは?」と聞いたからね。まあ計画が頓挫するのかもと心配してたのかもだけど。
エレナが、20年過ごしてきた父親だけど、するっと生き別れた父親の方を信じるのは、牢屋に閉じ込められたたくさんの人々や、父親のその所業を知ったからなんだろうね。
ラストで、冒頭パートにてディエゴがやっていた赤ちゃんへのお休みの物語をしているところが、アレハンドロも似たような感じでいるの、締めとしては良かったと思う。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

マスク・オブ・ゾロ - 象のロケット

モンテロはゾロがディエゴであることを見抜き、その娘を奪ってデイエゴを投獄した。 20年後、任地から戻ってきたモンテロをディエゴは制裁するため脱走し、目をつけた若者を2代目ゾロに仕立てようと特訓する。