メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

2021/02/28  11:42
2
1
n_617dz9608rpl.jpg
【概略】
NYの大学で働くマギーは、小説家を目指す学者のジョンと出会い、恋に落ちる。ジョンには教授として働く妻ジョーゼットがいたが、家庭を顧みない妻に疲れ果てたジョンは離婚を決意、マギーと再婚する。数年後、娘も授かり幸せに見えた2人だが、夢を追い続けるジョンとの結婚生活に不安を感じるマギー。一方で、子供たちを通じてジョーゼットとも親しくなったマギーは、彼女が鬼嫁ではなく知的で魅力的で、今でもジョンを深く愛していると気づく。ジョンは彼女と一緒にいた方が幸せになれる…そう思ったマギーは、とんでもない計画を思いつく―。
製作年:2015年
製作国:アメリカ
収録時間:99分
ジャンル:ヒューマン・ドラマ
日本語吹替:なし

.0★★★☆☆
イーサン・ホーク、グレタ・ガーウィグ、ジュリアン・ムーア共演。
給与の名前を取り違えたせいで、マギーとジョンは出会った。
「君を愛してるんだ」「愛してるわ」までの過程が、どう考えても早く、男の方の欲望に流れに身を任せたみたいな感じに見える。
だって直前まで他の男の精子を使おうとしてたんだから。
結局、鬼嫁から男を奪った不倫の形になったマギー。でも、この鬼嫁のジョーゼット、凄く知的で素敵な女性だった、鬼嫁とは程遠い。
ジョンの書く小説はいつまでも終わらなくて複雑な話になっていくし、気づけば、稼ぐのも私、家事も私、子供たちの面倒を見てるのも私。
ジョーゼットに会ったマギーは「彼とよりを戻さない?」と突飛な提案をしてしまう。数日後、考えたのちに「乗るわ」というジョーゼット。
マギーとジョーゼットは、ひとりのダメンズを奪い合った挙句譲り合うという不思議な関係に(笑)
で最終的には小説を学術書として出版すれば成功するわよと「君は僕の事をよくわかってる」とジョーゼットとジョンはくっつくのだった。
精子をやはり使っていたのか…。リリーの父親はジョンではなく…ガイだったのね。
毎週日曜日にスケートをしてるという元アイスホッケー部の彼が、歩いてくる。マギーはそれと共に徐々にスケートで後ろに下がっていって…。
恋の予感???
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2021/03/02 16:42

中年以上の年齢層には「マギー」って「マギー・ミネンコ」ってタレントのせいで、どうも恋愛対象に考えづらい名前なんす。「森満子」とか「乳揉代」みたいな。ラブコメは変わり者が一人いると成立するけど、リアルだと割とそういう人は迷惑なんじゃないかと思う。
コメントアバター画像
maki 2021/03/04 09:26

fjk78dead さんへの返信

おはようございます。
ふーむなるほど、乳揉代は笑った。
そうですね。確かにラブコメって変わり者がどこかにひとりいるかも
あと過剰な友情関係もあるよね、で、結局その変わり者もなにかしらでハッピーエンド状態になるの。

コメントの投稿

トラックバック

『はじまりへの旅』『マギーズ・プラン』をギンレイホールで観て、『昼顔』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、くっっけて思うこと★★★★,★★★,★★★ - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

◆『はじまりへの旅』 ▲父ちゃんと子供達 五つ星評価で【★★★★父ちゃんと子供たちに自然に感情移入】 森の中で独自に生活しているベンと六人の子供。 子供達の母親が死に、彼等は初めて葬儀の為に森の外へと旅に出る。 父親のベンが文明を捨てた超人であり、 そのベンが教育した六人の子供が同じように全て超人として育っている。 但し、社会との関わりはないので、みながミニ・ベンであり、非常識でもある...