メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

メン・イン・ブラック:インターナショナル

2021/02/24  10:39
2
3
n_606rdd81555rpl.jpg
【概略】
エイリアンの犯罪、侵略行為を監視するMIB。その新人エージェントのMは敏腕エージェント・Hとチームを組み、ロンドン支部のスパイ摘発任務に当たる。
製作年:2019年
製作国:アメリカ
収録時間:115分
ジャンル:SFアクション
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン主演。
主演を一新したSFバディアクション。
ポー二ィ可愛い。
要するにMIB内にスパイがいるかもっていう話。
ちょっとだけ怪しいと思えた人物が実はまともで、一番偉い役職のあの人が、裏切り者だった。
Hをかばってきた上司でもあるT、でも本当は自分の悪事をかばうためにやってた。
ハイヴを倒し英雄となったという記憶を消されていた(ニューラライズされてた)H。ハイヴは倒されてなかった。
最終局面では、怪物のようになったTの中に眠る本物のTを呼び起こしたり。
「その時、そこに導かれた」
主人公コンビを一新されて、どうかと思ってたけど、意外と良く出来てた。
テッサ・トンプソンの声が若すぎてどうかなって思ってたけど、小柄なんですね彼女…新人って事と小柄で若く見えるので、まあ、ありかなとも。
結局この二人がバディを組むのかと思えば、Hはロンドン支部長見習い、Mはニューヨーク支部へ。
だけどHにポーニィをお目付け役としてつける。餞別的な役割。
続編ありそうだな?
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2021/02/27 02:28

この映画については何者かにニューラライズされてしまっています。
コメントアバター画像
maki 2021/02/27 10:10

fjk78dead さんへの返信

おはようございます。
アハハ、記憶がないのですね(笑)
でも私も徐々にニューラライズさているような。

コメントの投稿

トラックバック

『アルキメデスの大戦』『ワンピース スタンピード』『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』『ワイルド・スピード スーパーコンボ』『メン・イン・ブラック インターナショナル』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

摘まんで5本まとめてレビュー。そこそこ良いの二つとアレアレアレ三つ。 ◆『アルキメデスの大戦』109シネマズ木場6 ▲波動砲ちっちゃ(違)。 五つ星評価で【★★★★原作マンガに対する演出とか脚色が成功】 面白かった。 監督、そんな大人みたいな映画作れるようになったんすかと言う驚きがあった。何故だか割とそういうの作れないみたいに思ってた。もちろん、これは読んでないから分からないが(正確に...

『メン・イン・ブラック/インターナショナル』(2019) - 【徒然なるままに・・・】

幼い頃にエイリアンと遭遇したモリーは、その際にMIBの存在を知る。長じて自らMIB本部を突き止め、仲間入りを志願。エージェントOは彼女の熱意と実力を認め、研修生のエージェントMとしてロンドン支局へ配属を命じる。そこでMは自ら売り込み、一見チャラ男だが実は凄腕のエージェントHと組んで要人警護の任務に就くが、謎の暗殺者の出現により任務は失敗してしまう。だが一部の上級エージェントしか知らない筈の任...