メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

アンストッパブル(2019)

2021/02/22  12:55
0
0
n_718ffedr00914rpl.jpg
【概略】
7年前に愛娘を事故で亡くしたリジーは、娘によく似た少女・ローラを見かける。ローラに付きまとい始めたリジーに、ローラの母は危機感を抱くが…。
製作年:2019年
製作国:オーストラリア
収録時間:98分
ジャンル:サスペンス・スリラー
日本語吹替:なし

.0★★★☆☆
ノオミ・ラパス主演、ルーク・エヴァンス共演。
息子の友達の誕生日パーティーでみかけた少女。亡くなった娘によく似ていて、息子が言うにその子は友達のジェレミーの妹だと教えてくれる。
なんとなく心に残って、家を見に行った事で、売り家だったのでつい「家を見に来た」って嘘をついたり。
その後、ちらちらと娘の前に現れるリジーに危機感を覚えたローラの母。
仕事もクビに、息子の迎えもいけない、リジーを心配する皆(元夫、両親、精神科医)が集まるのだけど、リジーの様子があまりにもおかしくて、亡くなった娘が生きていると信じ込んでいるので、なだめようとするんだけども「母親の私にはわかるの!」と叫ぶ。
ローラに会うために家に忍び込んだりはやりすぎだったけど、病院の火事で失って、どんなに娘を失い苦しいかを吐露したら、ローラの母がついに「あのとき、私の子は既に亡くなってた。でも乳が張るの。すぐ近くに泣いている子がいて、その近くに女性が倒れていたけど…」と、真相を話す。
リジーの執念が実ったというか、なんというか、子を失った辛さに、ローラの母ももう隠してはおけなかったんだろう。
ストーカーサスペンスかと思いきや、一応ハッピーエンドになるのかな。
少しずつ両家を行き来する事に慣れていくため、歩み寄る選択肢。ローラのお父さんが凄くいい人だよね。
愛されて育ったローラ=ロージー。なんという縁でしょう。やはりリジーの執念か?
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿