メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

裸足の季節

2021/02/20  22:38
2
1
n_613pcbp73593rpl.jpg
【概略】
イスタンブールから1000km離れた黒海沿岸の小さな村。13歳のラーレは、美しい5人姉妹の末っ子。10年前に両親を事故で亡くし、以来、姉妹たちは祖母と叔父が暮らす家に身を寄せていた。古い慣習や封建的な思想が根強く残るこの地では、祖母や叔父にとって結婚前の女は純潔であることが最も大事なことだった。そのため姉妹たちは、学校ばかりか外出そのものを禁じられ、退屈な花嫁修業を強いられる。見ず知らずの男たちとの見合いをさせられ、結婚話が進んでいく姉たちの姿を目の当たりにして、ラーレはある決意を固めるが…。
製作年:2015年
製作国:フランス/トルコ/ドイツ
収録時間:97分
ジャンル:ヒューマン・ドラマ
日本語吹替:なし

.0★★★☆☆
美しい姉妹。なんかこういうのヴァージンスーサイズを思い出しますよね。
両親が死んで10年、学校の男友達たちと海で肩車して遊んでいたら、処女検査。
叔父は姉妹を所有物としか思っていない。文化の違いは確かにあるけれど、あるけれどもさ、さすがに酷くないか。
このことが原因で学校に行くの禁止、家には鍵がかけられ、中は花嫁修業製造場となった。
姉妹で隠れてサッカー場にいったことで、TVで姉妹が映されてて、それに気づいた女性たちが家の電気を消したり電柱の電源を落として村じゅうの男たちにみられないようにしたりしてたのは可笑しかったけれど、そこまでしないとならない状況がほんと「監獄」だと思った。
「当人たちも気に入った事だし」と親同士で勝手に結婚させる。「息子に変わり求婚します」「神の思し召しがありますように」
次々と嫁入りが決まる姉妹。なかには死んでしまう子もいて…。
もう2人しかいなかったけども、ヌルとラーレの抵抗。「あんたのこと警察にバラしてやる!」えっやっぱり叔父さんが夜中に部屋に来てたのは、そういうこと…?
2人は、ラーレが困ってるところを助けてくれたり車の運転を教えてくれた男性ヤシンに助けてもらう。夜行バスに乗って、向かうのはイスタンブール。ラーレが夢見たのは、あのサッカー場へ行くときの5人姉妹の姿。
2人が向かったのは、冒頭の大好きなディレッキ先生がいなくなってしまい悲しみにくれるラーレの姿を映していた、あのディレッキ先生のところだった。そうか、彼女のもとなら2人は安心だと思えた。
凛とした瞳の末娘ラーレが可愛らしかった。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2021/02/21 18:01

「躾(しつけ)」って言えば何でも通っちゃうのはいくない(町中で「もう少し躾しろよ」と思う局面もあるのだけど)。
コメントアバター画像
maki 2021/02/21 19:07

fjk78dead さんへの返信

こんばんは。
躾というか、慣習なんでしょうね
女性たちが電気おとしたサッカーのシーンは面白かったけど、
正直、みていて同じ女性としては胸糞でしたねえ
ただ、姉妹の一人が意中の男の子と結婚できたのは良かったと思う

コメントの投稿

トラックバック

『シング・ストリート 未来へのうた』『裸足の季節』をギンレイホールで観て、優秀なクズ共と女=クズ思想からの逃避映画だふじき★★★,★★★ - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

飲めや歌えや目出度くもあり目出度くもなしな二本立て。 ◆『シング・ストリート 未来へのうた』 ▲一番左のギター坊主はチラシからトリミングされて姿を失ってしまっている。 五つ星評価で【★★★良質とは思うが強くは刺さらなかった】 バンドの映画。 ある日、クラスから浮いてるボンボンの主人公は 女にモテるためにバンドをやろうと考える。 集まってくる有象無象。でも、みんな隠れた才能があったりして...