メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ザ・ボーイ ~残虐人形遊戯~

2020/12/03  19:40
0
0
n_820gadr2224rpl.jpg
【概略】
強盗の襲撃に遭いトラウマに悩まされるライザは、夫に勧められて家族で田舎の貸別荘に休暇を過ごしに行く。森を散歩中、息子・ジュードがアンティーク人形を見つけて持ち帰り…。
製作年:2019年
製作国:カナダ
収録時間:86分
ジャンル:ホラー
日本語吹替:なし

.0★★★☆☆
ケイティ・ホームズ主演、呪われたアンティークドールが惨劇を招くホラー。
ブラームス君の続編やあああああああ!!と大喜びで観たものの…え?なんか「設定」が…アレ?がっかり。
「ザ・ボーイ~人形少年の館~ 」の続編。…とはいっても、もはや別の作品になっていて、正直普通のホラー。
前作のラストで、ブラームス当人が出てきてそりゃもうジャンルスイッチムービーには出来ないだろうけども…みんながブラームス君を求めていたのは、本作のようなオチを観たいからではないよね。普通に人形ホラーがやりたいのなら、「アナベル」のシリーズでもうしているし…。男版ならチャッキーがいる。
そもそも「本体」が人形だってオチは、前作のラストをつまんなくさせてる。どうしてこうなったのか。
今度のブラームス君は、隣家にまで手にかける。
強盗のトラウマに悩むライザとショーン夫婦は、事件後話せなくなった息子ジュードを連れて郊外の別荘に休暇に…。その隣家というか母屋がブラームス邸で、まるで棺の様に服と一緒に木箱に入っていたのをジュードが発見し、持ち帰る。ブラ―ムスと交流し始めるジュード。名前や例のルールも教えてもらう。
母屋の館にはあの家族3人の絵画もある、正式な続編なのに…結局人形が発端なのかいと。
型番検索はすぐ反対のH909なんだろなとは思ったけど、そこで明かされる真実が「普通のホラー」だった。
ヒールシャー(前作の入水自死した老夫婦)家だけじゃなく、そのもっと昔々から、ブラームスが子供に関与して事件を起こしていた、とかさー、普通過ぎん?
ラストも、これ自らブラームス人形を焼いたけど、絶対あのブラームスの仮面持ってきてるよな…と思ったら案の定で…。
それにしてもケイティ・ホームズ老けすぎじゃ…。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿