メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

2020/11/23  13:01
2
3
n_606rdd81631rpl.jpg
【概略】
マーチ家の個性豊かな4姉妹の次女・ジョーは、作家になる夢を追い続けていた。幼馴染みからのプロポーズも断り、ジョーは自分の信じる道を進もうとするが…。
製作年:2019年
製作国:アメリカ
収録時間:135分
ジャンル:ヒューマン・ドラマ
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
「若草物語」を新たな視点で映画化。若草物語って…はるか昔一度読んだきりで、そんなに刺さらなくて、え?こういう話だっけ?ってなってます。
漫画の「ガラスの仮面」で、北島マヤが演じた熱のあるベスの演技がたぶん私が最後に触れた若草物語だわ(笑)
四姉妹は、上から順番に見えなかった(年齢が…?)とかはあるのですが、過去と現在が行き来する物語は、段々と彼女たち姉妹の心に近づいていくようで、良かったように思います。
しっかり者の長女メグ、勝ち気で自立心のある次女ジョー、ひたむきな三女エイミー、病弱だけどたおやかな四女ベスと、貧乏ですがあたたかく優しさに満ちた家族でしたね。それぞれ得意な才能があるってのも羨ましい。
結局、才能より愛をとったメグ、恋とか愛を信じられず作家になるためプロポーズを断ってNYへと足を踏み入れるジョー、社交界で花開くエイミー、病気が進行したが皆の心の寄りどころとなっていたベス。
ティモシー・シャラメ演じるローリーはジョーを愛するが、プロポーズを断られたことを引きずっており、その後、社交界に進んだエイミーに結婚するなという。「いつでも私はジョーの次だった、ずっと好きだった人にいつも2番手に思われるのは最悪よ」と言われるんだけど、そりゃそうだよなと。
ベスが亡くなった後で、ローリーからのプロポーズを「いまならイエスっていうかも」みたいな感情に陥るのとか、寂寥感に苛まれて言うところは共感。ただ、いつまでも相手が自分の事を思ってるだなんて、凄く傲慢な考えだったよね。
結局ローリーとエイミーは結婚してたんよね…。あの手紙が先にみられてたら、恥ずかしいやつ。見られてなくて良かった。お母さんがいってたように、「それは愛とは違うわ」だったのかもしれない。
やがて小説を書き始めるジョー、それは自分たちの物語。
なるほど、若草物語って、著作の女性自身の成長や思いが込められていたのですね…。鑑賞感も悪くなかったですが、結局ジョーは恋とか愛を完全否定してたんじゃなくて、単純にローリーを家族のようにしか愛せなかっただけなのね。NYで会ったベア教授にはそういう気持ちがあったようだから。
亡くなって残された伯母さまの館を、あのような使い方をして、伯母さまはお墓で憤慨してそうだけど(笑)とても素敵な考えだったと思います。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2020/11/24 00:31

> 伯母さまはお墓で憤慨してそうだけど(笑)

あの伯母様は怒らせると怖そうだったぞー(墓から出てきそう)。
コメントアバター画像
maki 2020/11/24 21:57

fjk78dead さんへの返信

こんばんは。
個人的には、あの伯母様の
「独身」におけるスタンスは好きでしたねー
お金がたくさんあれば私もああなりたい…(´・ω・`)

コメントの投稿

トラックバック

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』『水曜日が消えた』『グッド・ボーイズ』トーホーシネマズ日本橋1、日比谷4、渋谷10 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

トーホーシネマズ3本まとめて。 ◆『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』トーホーシネマズ日本橋1 ▲走るシアーシャがムチャクチャ愛しい。 五つ星評価で【★★★★シアーシャ萌え】 冒頭のシアーシャ・ローナンの走る姿のなんとウキウキする事よ。 という訳で、一般的に割と変な顔のベクトル向いてる(単純な美人顔じゃない暴れん坊タイプの)シアーシャが少女マンガど真ん中でたまらん。 長女...

ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語 - 象のロケット

19世紀、南北戦争時代のアメリカ・マサチューセッツ州ボストン。 父が北軍の従軍牧師として出征し、マーチ家の四姉妹メグ、ジョー、ベス、エイミーは、優しい母と共に慎ましく暮らしていた。 次女ジョーは、ダンスパーティーで資産家の息子ローリーと出会い惹かれ合うが、小説家を目指すため単身ニューヨークへ渡る…。 ドラマ。