メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

WAR ウォー!!

2020/10/31  19:51
0
1
2ae88c3c02430ae7.jpg
【概略】
インド対外諜報を担う調査・分析部RAWでは、イスラム教過激派テロリストを追っていたRAWのトップエージェント、カビールの裏切りが発覚し、動揺が広がる。RAWはカビールの抹殺を決定し、優秀な若手スパイのハーリドにこの重要な任務が託されることに。憧れの存在だったカビールの突然の裏切りに当惑しながらも、スパイとして任務を全うすべくカビールの行方を追うハーリドだったが…。
製作年:2019年
製作国:インド
収録時間:151分
ジャンル:アクション
日本語吹替:あり

.5★★★☆☆
少し過剰な演出(インド映画だからね)が気持ちいいインドのスパイアクション映画。
楽曲がなかなか良いね。そして肉体がムッキムキなのよね。たまらんねこれ…。
ハーリドがたまにクリス・エヴァンスにみえるときがあった。なんだろう、めちゃくちゃマッチョなのに優し気な顔立ちだからかなあ。
世界観にそぐわないポップなダンスシーンが笑った。なんでクラブみたいなとこでマッチョな二人が踊りまくるの?(笑)
インド対外諜報を担う調査・分析部「RAW」でNo.1の腕利きスパイのカビールが、高官を射殺して逃亡した。裏切り者としてカビールは抹殺されることが決定し、ハーリドがその任務に就くことになるのだけど、彼にとってカビールは憧れの存在でありかつてチームの指揮官と部下として数々の作戦に従事した師でもあり、祖国を裏切ったハーリドの父親を殺した「祖国のため」に戦ってた英雄だった。
宿命の2人…と言う意味では、確かにウォー!!!なのです。
父親が祖国を裏切ったせいで学校でみなに裏切り者の息子としてボコボコにされた過去があるハーリドは、そのせいで右目の視野を失った。誰にも察せられずにいたはずがそれにも細かく気づき、もしチームで相棒がいるなら右側を守らせろと助言してくれてた。
チームとして過ごしていく中で、最初はあまりよい関係とはいえなかったカビールとハリードは信頼関係を気付いていく。
その「カビールを中心とした過去の話」と「裏切ったカビールの話」が交差されるため、最初は「ん??」と思いました。でも、この過去の話があるからこそ、カビールが裏切った理由がわかってくる。
ずっとイリヤシを追っていたわけなんですね。もう執念だよ…。
そして正直カリードの活躍が多くて、主人公誰よ、ってなった(笑)カビールのほうが好みの私としては、色々なもの(ナイナとその娘など)を抱えてるイケオジ、カビールのほう良いわ…と思ってたところで…後半、カビールとハリードが共闘するとこ良いなーと思ってたら…でもその後は、しかし…とつくわけで。
チェスの駒に例えた4人の裏切り者。これ、驚愕の展開だった…。そんなのあり??って。でも、それでわかる、だからカビールの活躍が中心だったのか、ってね。
また書くけど、宿命の2人…と言う意味では、確かにウォー!!!なのです。一人の前に立ちふさがるのはやばりこの顔の男。
しかし、銃撃戦の中のキレキレの動きの中のキメポーズとか(過剰な演出)、もはや笑っちゃうレベルなんだけど、それがまた良いのだよね。インド映画のそういうとこ好きよ。スパイがキレキレのダンス決めるとかどういうことよ(笑)
パルクールアクションも格好良かった。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

WAR ウォー!! - 象のロケット

インドの対外諜報機関RAW(Research and Analysis Wing)No.1スパイのカビールが、あろうことか味方の高官を射殺して逃亡し、RAWは組織を裏切ったカビールの抹殺を決定する。 そのミッションに名乗りを上げたのは、カビールを師と仰ぐ優秀な若手スパイのハーリドだった。 2人の敏腕スパイの、死力を尽くしての戦いが始まる…。 アクション・エンターテインメント。