メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

地中海殺人事件

2020/10/25  16:03
6
1
tityuukai.jpg
【概略】
地中海の小島にある閑静なリゾート・ホテルで、アルリーナという女性が殺された。そこには偶然アルリーナに関係した人間ばかりが、様々な思惑を抱いて集まっていたのだ。別件の調査でたまたまこのホテルに来ていたポアロがこの事件を担当する事になったが、滞在客にはすべてアリバイがあった…。
製作年:1982年
製作国:イギリス
収録時間:117分
ジャンル:サスペンス・スリラー
日本語吹替:なし

.0★★★☆☆
ピーター・ユスティノフ氏のポワロ。
前回の「ナイル殺人事件」でも思ったのですが、事件解決自体が「偶然の行動」によるものが多くて、これ完全犯罪ではないよなあ…とは思ってしまいました。
例えばナイル~の時では、なにかしら起きる時に必ずポワロが場面にいるんですよね。そんな偶然ある??
結局ポワロなのかポアロなのかもよくわからなくなりました(笑)
本作ではリゾート地による殺人という事でして、みなそれぞれ独特の華やかな軽装で、そしてポワロが脱ぎます…水着姿に!(笑)
オリエントもナイルもそして本作である地中海にも共通する事がありますね。まずお金持ちが出てくる事、全員に動機とアリバイがある事、閉鎖的な場所における殺人である事。で、最後に探偵が「さて」と犯行および犯人を明らかにする事。
証拠がないと思ってる犯人を、最後の最後でポワロが奈落に突き落とすシーン…ここはなかなか良かった。スカッとしますね、殴られたけど。
それにしても、ポワロさん性格変わった?ってくらいの陽気な人物になってます。
聞き取り調査をしていく過程で、水泳帽とか無理があるわぁ…というのと、何より高所恐怖症と言ってた人物が、あんな高い崖から手が振れるか?ってのがキーになって、犯人の一人はすぐにわかるのです。
そして事件のはじまりの、妙に怪しい「…死んでいる…絞殺されてる!」の違和感もぬぐえませんでしたので(なんでパッと見てだけで絞殺とわかるのか)、今回も犯人(たち)当ては成功。
ラストのジェーン・バーキンは女優帽に白いドレスがとても魅力的で美しい。
ホテルフロントの40年くらい前のマギー・スミスさんが(当たり前だけど)若くてチャーミング、でも威厳があって、ハリポタ時の印象とあまり変わらず。
全体的に前作よりも明るい古典ミステリ的雰囲気で、これはこれで良かったです。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
宵乃 2020/10/26 07:56

名探偵ですね!

内容は例のごとくすっかり忘れてますが、自分の感想記事を見る限り私は犯人予想することすらできなかったみたいです。

>そしてポワロが脱ぎます…水着姿に!(笑)

なんか可愛かったですよね(笑)
殺人事件を題材にしてるのに、美しい景色と明るい雰囲気が印象に残ってます。
にしても、マギー・スミスさんが出ていたとは気付かなかった!
コメントアバター画像
maki 2020/10/26 18:12

宵乃 さんへの返信

こんばんは。
なんか違和感と言うのか、そういうのがぬぐえなかったので、
「さて」と探偵が解決してみたら、「あーやっぱりねえ」と言う感じというか。
水泳帽は、「えー?帽子一枚で大砲の音聞こえなくなるかな??」ってくらい理解は出来ませんでしたが(笑)
本作ではある意味、宝石と女性の殺害事件の2つの事件が絡み合う「3つの事件」だったのですね
コメントアバター画像
エクスカリバー 2020/10/26 21:24

観光映画、いや観光地映画ですかね。
「オリエント急行殺人事件」や「ナイル殺人事件」と比べると随分と雰囲気が違います。
製作がEMIからキャノンフィルムに移った後の「死海殺人事件」になると、更に緩くなりますが…
嫌いじゃありません。
コメントアバター画像
maki 2020/10/28 13:43

エクスカリバー さんへの返信

こんにちは。
んー次は死海殺人事件ですか。メモメモ。
さらにポワロさんの性格が陽気に変わりますか?(笑)
水泳服姿で、ひとり立ち泳ぐ振りは可愛らしかったですね。
いまのところ、やはり事件だけでみると、オリエントが群を抜いているように感じます。本作もリメイクされるかしら…。
コメントアバター画像
エクスカリバー 2020/10/29 22:32

EMIのクリスティ作品は「オリエント急行殺人事件」「ナイル殺人事件」「クリスタル殺人事件」「地中海殺人事件」、キャノンフィルムに権利が移ってからは「ドーバー海峡殺人事件」「死海殺人事件」「サファリ殺人事件」と続きますが、ポアロ物は「オリエント急行」「サイル」「地中海」「死海」の4作品です。
他にピーター・ユスチノフはテレビで「エッジウェア卿殺人事件」と「死者のあやまち」「三幕の殺人」でポアロを演じてます。
最初のうちは豪華キャストを売りにした超大作でしたが、段々とキャストが小粒になり、予算も縮小され、どんどん寂しくなるのがこれら一連の作品群ですね。
コメントアバター画像
maki 2020/10/30 17:57

エクスカリバー さんへの返信

こんばんは。
なるほどー時代と共に…という感じなのでしょうか
本格ミステリーも最近そこまで数がないように思いますし
(名探偵が事件を解決するというやつ)
次はとりあえず死海ですね、探してみます!!!

コメントの投稿

トラックバック

『地中海殺人事件』(1982) - 【徒然なるままに・・・】

地中海に浮かぶ小島の海岸で、元大女優だった女性が殺された。彼女の泊まっていたホテルには、偶然彼女に関係した人間が集っていた。彼女の夫の退役軍人、先妻との間の娘、彼女を復帰させて一儲けを企むプロデューサー夫妻、彼女の伝記を書いて売り込もうとする芸能ジャーナリスト、彼女と不倫関係にあるラテン語教師とその妻、彼女との結婚の約束を反故にされた貴族、それにホテルの女主人は彼女のライバルだった元ショーガ...