メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

スケアクロウ トウモロコシ畑の獲物

2020/10/12  17:21
0
0
scarecr.jpg
【概略】
バカンスをエンジョイするため湖へ向かっていた男女4人。しかし、彼らは危険な場所であることを知るよしもなかった。そこには、ヨソ者を恨む復讐鬼“カカシ職人”がいた。
製作年:2017年
製作国:カナダ
収録時間:85分
ジャンル:ホラー
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
1980年代の再来を思わせる、理由なき殺人鬼が迫ってくる恐怖を描いたスラッシャーホラー。
主人公の4人に魅力がないのは普通ですが、この「理由なき殺人鬼」にキャラ的魅力がないので、なんだかなあ…ですわ。
アッシュに指輪を渡して運命の人が云々言ってたのに、デヴォンに迫られるとその気になるイーライにもイラっとするし、ファーブジーはうんこ長いしで。危機的状況なのに、お前ら何やってんの、と言いたくなる。
昔のスラッシャーホラーでは、おバカな若者たちが、傍若無人に田舎の避暑地なんかにやってきて、セックスや麻薬に…って、あれ、本作と同じか。
ひとりで案山子のもとで待つアッシュを、ある男(殺人鬼を「父さん」と呼ぶ)が助けてくれる。かかしは生きてる。侵入者を捕まえて、ずっと立てておくのさ、と。
その理由は、侵入者に昔大切な人を奪われたから…その復讐とのことでした。「理由なき殺人鬼」じゃないじゃんー。
言わゆるビッチ系ではないアッシュ以外が、捕らわれてかかしにされる。そして、助けを求めるアッシュも最後には捕まり…。
そして冒頭に繋がり、女性のかかし、それがアッシュだったのですね。
周囲を見渡すと、仲間たちのほか他にもたくさんの「侵入者」のかかしが…。
結局、あのスキンヘッドの「殺人鬼」(農夫)の息子、アッシュを助けてくれたけど殺されちゃって、大切な人(妻)との間の大切な子ではないの?とか、「あれは事故だったんだよ!」とか、何があったんだ昔…とそっちが気になるわ。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿