メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

僕のワンダフル・ジャーニー

2020/10/06  20:14
2
2
n_605gnbr4998rpl.jpg
【概略】
犬のベイリーはイーサン、ハンナ、孫娘・CJと幸せに暮らしていたが、ある日CJが母親に連れられ出て行ってしまう。そんな中、死期を迎えたベイリーに、CJを守るために生まれ変わるという使命が与えられる。
製作年:2019年
製作国:アメリカ
収録時間:109分
ジャンル:ヒューマン・ドラマ
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
犬と人間の絆を描いた感動ドラマ第2弾。
第1弾の「僕のワンダフル・ライフ」の時もそうだけど、犬好きな人には凄くおすすめ。
私は犬そんなに…なのですが、最初のベイリーが亡くなるシーンで、ウサギを看取った時を思い出してしまった…。愛したことがある人なら、同じ思いをするよね。
ただ前作は、犬の気持ちを全面的に中心としたために、ちょっとその部分がドラマとあっていない部分もあったのですが、本作はまだそこらへんが抑えられてて爽やかな感動作にもなってて、前作よりは普通に良かったです。
ガン発見犬(そんなのあるんだ)の訓練を受けたモリーが、生まれ変わってマックスになり、トレントの病を発見するのとか、ものっそ伏線だったけど…それにしても、若さとはいえ、モリ―の死のシーンは、シェーンのクソさが際立つ描写でしたねえ…。
母親のグロリアが、イーサンらを悪く言ってたのに、久々あってみたら別人のようになっていたのとかはちょっと都合良さ過ぎではあったけど、まあ…年齢的なこともあったのかな…。
ほんと前作の無駄な犬のおしゃべりにはイラッとしたんだけど(犬好きではないので…)、いくつもの生を乗り越えて、変わらない絆っていうメッセージ性は同じだった。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2020/10/07 00:37

犬は野犬を除けば、人間にベッタリってのに癒される。猫がもうちょっとこんな感じでベッタリだったら、みな犬を飼わずに猫を飼ってたかもしれないからなかなか上手く出来た住み分けだ。
コメントアバター画像
maki 2020/10/07 21:05

fjk78dead さんへの返信

こんばんは。
猫さんのいいところは、あのツンデレ具合ってのもありますし。
犬は子供がもう一人増えたみたいな、猫は大人が一人増えたみたいな、
そんなふうに感じさせてくれる犬と猫、どちらがお好み?ってのは
まあ~人それぞれなので!
私はあの犬の四六時中一緒なところが苦手なのです^;構って~構って~にウザいと感じてしまう…。生物的にも猫派です(飼った事ないけど)。

…ウサギ派です。モルモット派です。

コメントの投稿

トラックバック

『僕のワンダフル・ジャーニー』よみうりホール - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

◆『僕のワンダフル・ジャーニー』よみうりホール ▲「僕のアントフル・ジャーニー」。 五つ星評価で【★★★いやし】 犬にほんなこつ癒される。 犬の喋り方がこのくらいバカだったら愛しいと言う丁度いい点を突いてくる。 声はアメリカでオラフの声を充てた人だとか。そりゃあいい連携だ。 前作の主役で犬の飼い主のデニス・クエイドの孫娘を3人の少女が演じるが、小学生時代はアントマンの娘である。お前、犬じ...

僕のワンダフル・ジャーニー - 象のロケット

ゴールデンリトリバーの子犬ベイリーは転生を繰り返し、最初の飼い主イーサンと彼のパートナーの女性ハンナの元で平穏に暮らしていた。 また寿命が来たベイリーは、イーサンから「ハンナの孫娘CJを守るために戻って来てくれ」と頼まれる。 約束を守るため、今度はCJと家族を幸せにするための新たな旅が始まった…。 転生する犬の物語第2弾。