メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

女王陛下のお気に入り

2020/09/22  12:02
2
3
n_612fxbr83308rpl.jpg
【概略】
時は18世紀初頭、アン女王が統治するイングランドはフランスと交戦中だった。アン女王を意のままに操り、絶大なる権力を握る女官長のレディ・サラ。そこにサラの従妹で上流階級から没落したアビゲイルがやってきて、召使として働くことになる。サラに気に入られ侍女に昇格したアビゲイルだったが、ある夜、アン女王とサラが友情以上の親密さを露わにする様子を目撃してしまう。サラが議会へ出ている間、アン女王の遊び相手を命じられたアビゲイルは少しずつ女王の心をつかんでいった。権力に翳りが見えたサラに、大きな危機が訪れる…。
製作年:2018年
製作国:アイルランド/イギリス/アメリカ
収録時間:120分
ジャンル:史劇
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
オリビア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ、ニコラス・ホルト等々が共演。
豪華絢爛な王室に、愛と野望が渦巻く英国版「大奥」。最後に勝つのは私。
要は、侍女のアビゲイルが、汚い手口で女王と実質上の執政官サラの仲を裂いて、成りあがる話なんですが…、確かに女王とサラの関係は不適切だったかもしれませんが、この女王にはサラの存在は絶対で、(幼馴染ですし)絆もあるのに、国外追放をしなければならないという、なんていうか本当に女王の事を理解している相手を、自ら放逐しなければならなかった女王の気持ちが、モヤモヤ感もあって、なんともいえない感じに。
エマ・ストーン演じるアビゲイルは、レイチェル・ワイズ演じるサラを、とことん追い詰めていく。女って怖い…という話でもありました。
サラにより侍女に昇格してもらったアビゲイル。最初は女王にこっそり薬を塗ってあげるなど優しさをみせますが、アビゲイルはその後女王にわざと「自分が薬草をもってきた」ことを伝えるような真似をする。
その夜、女王とサラの「不適切な関係」を目撃してしまうアビゲイル。
女王の不安定な気持ちは、17人の子供を失った悲しみでもあった。うさぎを亡くなった子供たちにみたてて可愛がる姿に寄り添ったアビゲイルは、次第に寵愛を受けはじめるのだが…。
「あの子の舌遣いがたまらなくいいの」
サラに毒?をもったアビゲイル、サラは落馬し馬にひきずられて意識を失う…。
状況が変わったアビゲイルとサラ、サラは女王からの熱い内容の手紙をネタに女王を脅迫するんだけど、それがもとで王宮から追放されてしまう…。ただ手紙を送ることを赦されるのだけれど、女王に届く手紙は全部アビゲイルが監視しており、サラからの手紙を燃やしていた…。
更に帳簿からお金が消えているのはサラが横領していたからとも訴える。ついに国外追放を命じられるサラ夫妻。
勝ち誇ったアビゲイルのうさぎを足で踏んでいた姿をみて、足を揉むことを命じるんだけど、虚ろな表情の女王…。
アビゲイルより、どう考えてもサラのほうが女王を大切にしてたよね…。サラが最後に言っていた「私は嘘を言わない。それが愛だから」女王もうすうす気付いていたのかもしれない。
女王を巡る二人の取り合い、気難しい不安定な女王を演じたオリビア・コールマンさんの演技が圧巻でした。特に最後の表情は、あれ凄いよね!!
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
ボー 2020/09/24 10:05

どろどろ

毒々しい雰囲気のなかで、わが(?)エマちゃんの活躍がすごかったなーと。
愛憎欲得トライアングルでしたねえ。
コメントアバター画像
maki 2020/09/24 20:26

ボー さんへの返信

こんばんは。
衣装や舞台も好みだったし、3人(女王、サラ、アビゲイル)の女優陣の
演技合戦も見事でした!
駅馬車から突き落とされてドロドロの姿から、ラストの貴婦人風になるまで、
ボーさんにはエマちゃんで眼福だったのかもしれませんね!

コメントの投稿

トラックバック

「女王陛下のお気に入り」第31回東京国際映画祭 - ここなつ映画レビュー

特別招待作品。アイルランド、イギリス、アメリカ映画。監督は鬼才ヨルゴス・ランティモス。ヨルゴス・ランティモス節炸裂!!というような作品ではなかったが、それもまた良し。ヨルゴス・ランティモスってこんな(意味がよくわかる)作品を作るんだ!というある種の驚嘆をさせてくれた。そしてそれはちょっぴり嬉しい誤算でもある。華麗かつ闇が匂い立つ宮廷絵巻。イギリス王朝に花開く恐ろしき女の世界だ。以下は完全なネ...

女王陛下のお気に入り - 象のロケット

1700年代初頭。 アン女王が統治するイングランドはフランスと戦争中で、女官長レディ・サラ・チャーチルの夫モールバラ公爵は最高司令官として戦場へ出ていた。 サラの従妹アビゲイルは没落貴族として貧しく育ったが、女王に取り入り召使から侍女に昇格。 女王の関心は次第に、幼馴染のサラからアビゲイルへと移っていく…。 実話から生まれた王朝物語。