メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ミッドサマー

2020/09/08  20:52
0
2
n_1058tced5094rpl.jpg
【概略】
アメリカで暮らす大学生・ダニー、恋人のクリスや仲間たちは、交換留学生・ペレの故郷・スウェーデンで行われる‘90年に1度の祝祭’に誘われる。そこでダニーらは歓待を受けるが…。
製作年:2019年
製作国:アメリカ
収録時間:147分
ジャンル:スリラー
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
「ヘレディタリー 継承」のアリ・アスター監督によるスリラー。楽しみにしてました!期待値高すぎて、鑑賞覚悟が必要なくらい。
男同士の旅に、ちょっとうざめの女の子ダニーもいく事に。クリスチャンは別れようかどうか悩んでたけど、ダニーも妹が両親と無理心中(?)して傷ついていたから、とりあえずそのまま。
ウィル・ポールターも友人マーク役で一緒に白夜のスウェーデン・ホルガ村へ。
90年に一度の祝祭、饗宴。
「まるでカルト教団だ」…だよね。
ここで飛び降りるだろうなとか、頭粉砕するんだろうな、小屋ごと燃やされるんだなっていうのは、実にわかりやすいくらいに予測がつきましたね。
でもここでサークル・オブ・ライフを説かれるとは思わなんだ。…でもまあそういう風習だってあるよね。劇中でも言われてた通り、老人を施設に入れるほうが…ってのもあるのかもしれない。
…これ、ホルガ村の中の事ずっと見てられる…ような気がしてくるのが不思議。あ、なるほど洗脳か。
クリスチャンも、まぐわっているマヤが彼女のお母さんみたいな人に手をとられて、アオーアオーって萎えないのか…。腰振ってるのが凄い。
感情すら同じように無くされ、嘆くことすら独りにされない。ある意味、全員優勝の無個性集団。
面白いかっていわれれば微妙だけれども、よくよく考えると、このホルガ村の人も90年に一度しかない行事なので、一度しか人生のうち経験出来ない祝祭なのですよね。
期待してたほどの衝撃などはほぼほぼ予想可能だったのが残念。もっと明るく狂気的なのかと思っていました。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

ミッドサマー - 象のロケット

家族を失った女性ダニーは、大学で民俗学を研究する恋人クリスチャンや彼の友人と共に、“90年に一度の祝祭”が行われるというスウェーデンの奥地を訪れる。 美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まない白夜の地は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のよう。 だがそれは、想像を絶する悪夢の始まりだった…。 ホラー。 R-15

「ミッドサマー」 - ここなつ映画レビュー

とても怖面白かった。悪趣味の域にぎりぎり到達するかしないかの感じではあるけれども。…いや潔く認めよう、これは悪趣味の範疇に入る。ホラーに、サイコに、スリラーに、カルトに、集団ヒステリーに、文化人類学に、表面を装わせた「悪趣味」だ。だからといって嫌悪すべきものか?と問われると、そんなことはなくて、この「悪趣味」を面白がっている自分がいる。それにラストの辺りは殆どギャグの領域だったし。あともうひ...