メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

レディ・オア・ノット

2020/08/18  17:47
0
0
4_20200818174653fd0.jpg
【概略】
ボードゲームのビジネスを行う大富豪、ル・ドマス家の息子と結婚したグレース。結婚式の夜、新郎一家に伝わるある行事に参加することに。しかし、伝統的な行事は命懸けのかくれんぼだった。
製作年:2019年
製作国:アメリカ
収録時間:95分
ジャンル:ホラー
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
新婚初夜の伝統で、カードを引いてゲームを選ぶ。グレースは「かくれんぼ」を引いた。まさかそのかくれんぼが死のゲームだとはわからずに…。
夫になったアレックスは勿論どんなルールかは知ってた、でもそのカードを彼女が引くとは思わなかった…。勿論、かくれんぼのカードさえ引かなければ、家族の一員にすんなりとなってたし、アレックスも助けてくれようともするんだけど、銃で手のひらを打たれて穴があいてる状態で、自ら、釘に刺さりにいって落ちた場所から抜け出すのはグレースなかなか根性あるわ。
育ちが対照的な花嫁と花婿。さらにアレックスの兄ダニエルは、儀式の際に過去に弟を守ろうとしてた過去もあり。
もうちょっと豪奢な屋敷内でかくれんぼかと思った。屋敷外の時間が結構あって。
ル・ベイルは結局、悪魔なのかな?サタンよ万歳っていってた。一族の繁栄の見返りに、ゲームでの儀式を望む。
アレックスは家族に捕まって縛られるもののグレースを助けようと逃げ出すのだけど、ダニエルが儀式からグレースを助けてくれた。
その後の何が最悪って、アレックスが誤解したまま「本性」に覚醒してしまうこと。愛する兄ダニエルがグレースに殺されたと思ったのだろうね。
しかし、契約の時間が過ぎてて、朝になってしまう…「あれ?何も起きないぞ」の直後、アレックス含め各々が人体爆発。ル・ベイルとの契約は本当だった。
ラストのちょっとファンキーな終わり方は好き。「一体なにがあったんです?」に「家族の行事」と淡々と答えてるとことか。
題材は良かったので、もう少しコメディ寄りになるかシリアスになるかしたほうが良かったような。アレックスの兄ダニエルのほうが好き。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿