メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ガーンジー島の読書会の秘密

2020/08/14  12:34
2
1
n_653kibr2016rpl.jpg
【概略】
1946年、終戦の喜びに沸くロンドン。作家のジュリエットは1冊の本をきっかけに‘ガーンジー島の読書会’のメンバーと手紙を交わすようになる。彼女は読書会について記事を書こうと島を訪れるが…。
製作年:2018年
製作国:フランス/イギリス
収録時間:124分
ジャンル:ヒューマン・ドラマ
日本語吹替:なし

.0★★★☆☆
リリー・ジェームズ主演。
素敵な出会いだねー。読書会メンバーの結成秘話も良かった。ポテトピールパイはまずそうだけど。
そして会のメンバーに会うものの、エリザベスにだけ会えなかった…。
なぜ彼女は連行されたのか、その謎を追ううちに、ジュリエットの運命も変わっていく。
婚約したばかりの華やかな世界の相手ではなく、分相応の、養豚の農夫だけど心が安心する、穏やかになれる人と。
ここの読書会メンバーがとても素敵で、うらやましくなったなー。
あんまりラブなシーンが少な目で、港でいきなり「私と結婚して!愛してるの」になるのはちょっと唐突だったけど、とても素敵な物語でした。
個人的にはゲイの友人兼出版マネージャーの男性の立ち位置はいいなと思ったよ。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2020/08/16 02:10

「ガンジー」じゃなく「ガーンジー」というのがノレなかった原因だろうか?
コメントアバター画像
maki 2020/08/16 18:55

fjk78dead さんへの返信

こんばんは。
私も一見好意的に書いているようなんだけど、
確かに、どこかはまらなかった。素敵な話なんだけど…ちょっと底(動機)が浅い気もしました

私は、महात्मा(マハトマ)になれる気がしないです(笑)

コメントの投稿

トラックバック

『3人の信長』『ホテル・ムンバイ』『ロケットマン』『ガーンジー島の読書会の秘密』トーホーシネマズ日比谷11,9,13.シャンテ3 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

同日鑑賞を4本まとめてレビュー。 ◆『3人の信長』トーホーシネマズ日比谷11 ▲個人的には1000人でもいいぞ。 五つ星評価で【★★★解説付きで絵解きで見せる技術がなかなか巧み】 捕まえてみれば信長か3人と言う事態、まあ、全員の首を斬ってしまえばいいじゃないかと素人考えでは思うのだが、亡き殿の墓前に手向けるにはそういう雑な事は出来ないらしい。勿論フィクションだろうが、納得のいくアイデア...