updated date : 2018/01/07

帝一の國

n613pcbc72572rpl.jpg

【概略】日本一の超名門・海帝高校に、大きな野心を持つ赤場帝一が首席入学を果たす。彼は2年後の生徒会長選挙で優位に立つため、誰よりも早く動き始め、野望への第1歩を踏み出すが…。
コメディ

.0★★★★☆
野心が、とまらない!!!

主演の菅田将暉に加え、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大など若手俳優が共演。

生徒会長に、僕は、なるッ!絶対!どんなことをしてでも、なってやるッ!!日本一の名門校、ライバルは800人の秀才たち。

学園政権闘争コメディなのですが、濃いな…濃いなキャラが。まあそこが面白いのかもしれません。「靴を舐めて勝つ」というのが主人公ってんだから…。

1_201804082121575b1.jpg

名門男子校に入学した帝一の目的は将来、日本の内閣総理大臣になること。そのための戦いは高校時代からもう始まっていた。生徒会長の座を射止めれば無条件の東大進学・政界入りが約束される。勿論、その座を狙っているのは帝一だけではない。自分こそがその権力の頂点に立つのだと意気込むライバルたちを蹴落として果たして帝一は生徒会長の椅子に座れるだろうか…?

帝一と、人柄さわやかな大鷹禅との対比が良いですね。

全体にコミカルで濃い世界観が面白い。やりすぎ感のある演出がまたいいですねー。弾の入試答案との戦いでの父親と結果発表時の悶絶する菅田くんに笑ったわー。

そのまま氷室ローランドが生徒会長になるのかと思ったら、父親が父親と犬猿の仲のHM社の社長であることが発覚し、帝一は途中でつく相手を森園さんに変更するのです。その後、氷室は文化部に袖の下を渡すような外道に成り下がってしまう。「勝ちゃいいだろ!」と。

しかし「マイムマイム事変」で(てかそもそも「マイムマイム」の曲がかかったとしてなぜ輪に入るw)票差が0になる。禅は白紙投票をして生徒会長が最後の一票を入れることになり、結局、森園さんが選ばれる。

その後、時がたち、後半は急ぎ足で、帝一と弾と東郷の3人が選挙戦することになってて、結局帝一は最後数秒で弾の陣地へ…。「だってお前は、友達だろ」とか感動させるとみせかけて、そこも計算ずくの「野望の打ち砕き」と「人望掌握術」だったってとこは良かったですね、それでこそ帝一!

あと30分は尺が欲しいけれども、面白かったー!
関連記事
スポンサーサイト


ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 2

まだコメントはありません。
ボー → 帝一より伝言です

ピアノが弾きたいだけ…じゃなくて、トップになりたいんだよおっ!

2018/04/10 (Tue) 09:02 | 編集 | 返信 |   
maki → >ボーさん こんばんは。

伝言ありがとうございます(笑)

ピアノを弾きつつトップに返り咲くのが良かったんですよね。
結局、頭を打って父の言う通りになったわけじゃなく
自分の意志というものが
その間に入っていたと。
このラストの帝一らしさがとても良かったと思います。

2018/04/10 (Tue) 18:32 | 編集 | 返信 |   

コメントを書き込む

トラックバック数 1

  • 「帝一の國」
  • 菅田将暉、野村周平、竹内涼真、志尊淳、千葉雄大、間宮祥太朗。
  • 2018.04.10 (Tue) 08:57 | 或る日の出来事
【このブログについて】【全記事一覧】