メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

コード211

2020/07/19  10:11
0
0
n_1083adx1112rapl.jpg
【概略】
引退間近の警察官マイクは、高校生ケニーを同乗させてのパトロール中、銀行強盗に遭遇する。すぐさま進行中の強盗を表す警察コード「#211」を発動するが、完全武装した強盗団によって前線に取り残されてしまう。マイクは、ケニーを護りながら人質救出を目指すが…。
製作年:2018年
製作国:アメリカ
収録時間:87分
ジャンル:アクション
日本語吹替:あり

.0★★★☆☆
ニコラス・ケイジ主演。
そうか、彼らは単なる銀行強盗じゃないんだな。元特殊部隊の凄腕傭兵だったんだ、というのが冒頭でわかるようになってます。
そしてニコケイ演じるマイクと娘リサの関係がうまくいってないとか、相棒の若い警官スティーブはリサの夫だとか、銀行支店長の男性が、今日は結婚記念日で妻とある約束をしていることも。
一方高校生のケニーは虐められてたのを反撃し、暴力事件になり警察の車の乗車体験をすることになる。
冒頭でリサが「妊娠したの!」と夫に報告してて、フラグだなとなりました。やっぱりスティーブは撃たれて生死彷徨っちゃうし。
またインターポールの女性も関わってくる。
みんなに指示する病院のベテラン看護師さんがケニーの母親で、撃たれた警官たちや巻き込まれた市民らを懸命に治療していた。
派手な銃撃戦と、最後が爽やかに終わってて、まあ普通に良かったです。
マイクが懸命にケニーを助けようと、スティーブを助けようとする姿は良かった。SWATチーム本部にキレちゃうところとか。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿