メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

屍人荘の殺人

2020/06/19  22:28
2
2
n_620tdv30050rapl.jpg
【概略】
神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲と明智恭介は学内の事件を推理する自称ホームズとワトソン。ある日、ふたりの前に謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子が現れ…。
製作年:2019年
製作国:日本
収録時間:120分
ジャンル:サスペンス
日本語字幕:あり

.0★★★☆☆
神木隆之介、浜辺美波、中村倫也、共演。
浜辺美波さん、「君の膵臓~」の時は全く可愛いとは思わず、そこらへんにいる普通っぽ女子みたいな失礼な事書いた気がするけど、あれそういう設定の映画だったのかな…と、思うくらい垢抜けてて、可愛らしいです。顔の輪郭が痩せたよね。
そして、え、なにこれ、殺人っていうかゾンビなの?と斜め上からのミステリーで、ラストも「え?」というものでした。
どうなるのだこのミステリーファンタジー…と先が気になってたので、面白くないわけじゃないよ。ただ、ガチ若手探偵らのサスペンス・ミステリーだと思ってたので、コメディ的に進んだりするところとかに、すぐに順応出来なかっただけ…だと思う。
物凄くライトノベル臭のする作品設定なんだけど、原作は普通の小説のようですね。というか、そもそもウイルス・ゾンビ設定自体がミステリーでは「いや待てそれはない」要素なので、明智とか、バスのお婆さんとか、名探偵を意識した作品設定に、合わない人は合わないでしょう。
私も横溝正史の金田一シリーズが大好きな方だから、前半の学園ミステリと、中盤からのゾンビミステリ&殺人ミステリに、正直、この原作小説の趣向が違うと言われればそれまでなんだけど、心から面白かった!とは、到底言えないモヤモヤがありますね~。
頭を狙ったレントゲンの骨写真のグサリシーンは、ちょっと笑えたけど…犯人の動機内容も、ひとむかし前の小説みたいだ。
迷宮太郎のくだりは笑えました。褒めてます。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
夜影座 2020/07/06 01:03

こんばんは!

それなりに楽しめましたが、今の流行りなのか、ライトノベル臭はプンプンしていましたね。
バスの婆ちゃんのセリフ、「悪魔の手毬唄」でしたね♪
コメントアバター画像
maki 2020/07/06 16:44

夜影座 さんへの返信

こんにちは!
お!そうなんです、さすが気づきましたか
最初バスのお婆さんのいってることがアレでしたので、
明智とか金田一ものとか、そういう、実は結構正統派のミステリなのかと思ってたので、ゾンビ、コメディミステリ、恋愛、ファンタジーミステリ?と、
ものっそライトノベル臭がしました^;
でもこれライトノベルではないと聞いて、「ええ!?」と動揺、「こういう作品でした!」と、ラストまで観ないと、判断しにくい微妙な感じではありましたね。

コメントの投稿

トラックバック

屍人荘の殺人 - 象のロケット

神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(自称ワトソン)と明智恭介(自称ホームズ)は、学内の事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込んでいた。 2人は謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子から、事件絡みのロックフェス研究会の合宿に誘われる。 山奥に佇むペンション紫湛荘(しじんそう)では、前代未聞の連続殺人が待ち受けていた…。 ミステリー。

『屍人荘の殺人』(2019) - 【徒然なるままに・・・】

大学のミステリー愛好会に所属する自称”ホームズ”の明智恭介と、その助手・葉村譲。その二人の前に現れた謎の美人女子大生の剣崎比留子は、とあるサークルの夏合宿への参加を持ちかける。昨年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいること、そして部員宛に脅迫状が届いたこと。興味を惹かれた二人は、彼女に同行して山奥のペンションへ。曲者揃いの参加者に囲まれ、そこで巻き起こる異常事態。更にペンションに閉じ込めら...