メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋

2020/06/12  21:25
2
3
n_613pcbp74267rpl.jpg
【概略】
アメリカの国務長官として活躍する才色兼備なシャーロット・フィールド。大統領選への出馬を目前としていた彼女はある日、職を失ったジャーナリストのフレッド・フラスキーと出会い…。
ラブロマンス

.0★★★☆☆
シャーリーズ・セロンとセス・ローゲン共演によるラブコメディ。
13歳のの頃シッターをしてくれてた16歳のシャーロットが初恋だったフレッドは、買収された勢いで会社を辞めてフリーのジャーナリストになった。そして国務長官になっていたシャーロットと再会、ユーモアがある文章が書けるし、私を知っているからと、シャーロットのスピーチ原稿を書く係に任命される。
初恋の人と再会なんてありがちではあるけれど、相手はなんと国務長官!話してみると気さくで、映画やドラマも「あらすじで」観てるし、ユーモアも介する。
世界各国を巡る間に、肉体関係も持ち、お互い好意をもつ。
でもシャーロットには国務長官としてのキャリアと夢もあった。その夢はフレッドが支持するものでもあるんだよね。
でも金持ちの買収野郎がフレッドとの関係の事で脅迫、今まで頑張ってきた仕事の大部分を削られることに…。
シャーロットは妥協を選び、フレッドは「相応しい男になりたいが、嘘はつけない」という。
親友が言う通り、確かにフレッドは自分の感情に走り過ぎるところはあるよね。多少の差別意識もあった。
でも、「なんでもするよ。君の側にいられるなら」シャーロットを失いたくないと、そう電話する。
そしてシャーロットはフレッドと関係を続けるのは無理だと自分の補佐官マギーにも話してたんだけど、当日の選挙のスピーチ途中で、大統領と金持ちセレブ二人が、私の彼氏がオナニーする動画で脅迫されしてきたと真実をぶちまける。
結局、ファーストハズバンド?ミスター?になるフレッド。
セス・ローゲンってなんか憎めないし可愛いよね。いい人役が多い気がする。ほわってする。本作でもなんだか可愛くって、政界を泳ぐシャーロットが惹かれたのも納得です。
シャーリーズの演じるシャーロットも環境問題をなんとかしようとする、とっても素敵な女性でした。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2020/06/14 14:00

ジャケットの名前位置、逆にしてあげてほしい。
あと、セス・ローゲンは「ソーセージ・パーティー」の時の外見で出演してほしい。
コメントアバター画像
maki 2020/06/14 22:29

fjk78dead さんへの返信

こんばんは!
ジャケの名前位置って、いつも思うけど
どうして違う名前が頭の上にきてることが多いのでしょうね?
知らない人だと「この人が●●なのか」とか思い込んでしまいそう^;
最近だと「コン・エアー 」のジャケでも、中央にニコケイがいても、
名前の配置が左がニコケイ、次にキューザック、マルコビッチ、と続いてます^;

コメントの投稿

トラックバック

『男はつらいよ お帰り 寅さん』『仮面ライダー令和ザ・ファースト・ジェネレーション』『すみっコぐらし』『ラスト・クリスマス』『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』『ダウントン・アビー』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

書き漏れ感想6本まとめてレビュー。 ◆『男はつらいよ お帰り 寅さん』トーホーシネマズ上野8 ▲寅さん。 五つ星評価で【★★★山田洋次上手いよなあ】 よくまとめてある。 単に編集ものと新撮をバランスよく配置してるだけでなく、新撮の若者(つーかもうみな大人だけど)自身の人生が寅さんを参考にしながら慎ましく描かれるが、それがそんなに悪くない(寅さん出演シーンのように明るいコメディーにならな...

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」 - ここなつ映画レビュー

とにかくシャリーズ・セロンが滅茶滅茶に綺麗なのである。もはや人間ではないかのようだ。あんなに美しくて丈夫で賢い女性が大統領候補なんて私なら絶対に支持する。アメリカ国民ですらないけれど。そしてセス・ローゲンが滅茶滅茶に乙女なのである。もちろん外見という意味ではない。正しいと思った所に意固地なまでに信念を貫こうとする所(最近ではそれができるのは唯一、恐れを知らない若い女性だったりする)、初恋を貫...

『ロング・ショット/僕と彼女のありえない恋』(2019) - 【徒然なるままに・・・】

失業中のジャーナリストのフレッドは、偶然参加したパーティで合衆国国務長官のシャーロットと再会する。16歳のシャーロットは当時13歳だった隣家のフレッドのシッターだったことがあり、その時からフレッドにとって”憧れの人”だったのだ。大統領選へ出馬する準備を進めていたシャーロットは、文才やユーモアのセンスがあり、古くから自分を知るフレッドをスピーチライターに起用。政界という未知の世界に戸惑い、時に...