メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

今さら言えない小さな秘密

2020/06/07  13:49
0
1
n_603albd10220rpl.jpg
【概略】
南フランスのとある村に暮らすタビュランは、自転車の曲乗りの天才と称えられた村の英雄だった。しかし彼には、本当は自転車に乗れないという秘密があり…。
ドラマ

.0★★★☆☆
実は何てことない秘密だったりするのですが、これが簡単に正直に事実を言えればいいのですけども、小さな出来事(しかも不可抗力)が、村の英雄とまでなってしまったのですから、周囲の期待感に、今さら正直に言えなくなって幾年…となるのもわかる。
お父さんに「実は自転車に乗れないんだ」と打ち明けたら直後に雷に打たれて亡くなってしまうし、気になる女性に打ち明けたら、彼女は違う秘密(愛)を打ち明けて欲しかったようで雷と共に離れていくし。
…で、結婚した彼女は自転車事故で家族を失っていて、「君と家族の為に二度と乗らないよ」と約束することで、ある意味タビュランの秘密は自動的に守られていた…はずだった。とある写真家が村に来るまでは。
自転車に乗れることが当たり前という、ツール・ド・フランスのコースにも入ってる小さな村で、自転車に乗れない男がベテランの自転車修理工になり…というお話ですが、乗れないけれども自転車には詳しくて。
どう考えたって練習すれば乗れるだろうから地球の重力とかの問題ではないし、乗れないことに感情移入は出来なかったんだけれど、ただ、子供の頃に自転車に乗れないって、なんかもうそれだけで自分はみんなより劣ってる!との悩みが発生しちゃうだろうし、その点でいえば同情しちゃうけれども(なんたってツール・ド・フランスのコースに入ってる村ですから)、コメディというよりも、ゆるい、笑わそうとはしていない真剣に悩んでる様がほっこりさせられますね。
若い頃の妻役の女性と、元ガールフレンドの女性ふたりがとてもお綺麗で似てもいて、タビュランの好みって!とつい思ってしまった(笑)
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

『今さら言えない小さな秘密』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

プロヴァンスの美しい村に住む自転車修理工のラウル。妻と二人の子供と幸せに暮らしているが、実は幼いころから秘密にしていたことがあった。それは自転車に乗れないこと。曲乗りの名人(実は事故)との伝説を持ち、自転車のことなら何でも知っていると村の名士扱いされているラウルにとって、これは墓場まで死守しなければならない大事なことだった。ところが村に写真家が現れ、村人の写真を撮り始めたことから雲行きが怪し...