メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ジョジョ・ラビット

2020/06/06  19:09
2
4
n_611vwdr7014rpl.jpg
【概略】
10歳のジョジョはある日、家の隠し部屋に匿われていた少女に気付き惹かれ始める。
ドラマ

.0★★★☆☆
タイカ・ワイティティ監督が、第2次世界大戦下のドイツを舞台に、空想の友人・ヒトラーの助けを借りて立派な兵士を目指す少年の奮闘をユーモアを効かせて描いた感動作。
反戦映画的に真面目な作品かと思ってた。そんでもって思ってたようなハートフルな話でもなかった。ラストはよかったけど。
実はもっと兵士を目指す訓練の中での出来事がたくさんあると思ってた。早々に怪我を負ったジョジョは、除隊?されて、顔も言うほど醜くもなかったし。
お母さんは立派な人だけど、自由人すぎたのかもね、周囲からは浮いていたんじゃないだろうか。だからお母さんは密告か仕事で、結局、ああなった。
あとジョジョの親友のおデブちゃんヨーキーの個性的な表情は可愛く見えたけど、予告編ほど彼が活躍してた場面はなかった。この子、親友でデブでメガネでって、設定いくつも一人で背負ってるね(笑)
結局ジョジョのナチへの傾倒がとけて成長する話でしたね。
ジョジョよりも少し年上のエルサ役の少女、とっても可愛かった。彼女に恋するジョジョの体の中で蝶々が動き出すシーンは良かった。
ネイサンのつもりで偽手紙を送っていたところ、本当はネイサンはもう昨年亡くなっていて、ジョジョが書いてたってエルサは知ってたんだね。
「ハイル、ヒトラー」が多い場面は笑った(笑)
映画館で上映されてた時、絶賛されてたように思うけれど、私にはそこまでではなかったかな。空想の友人ヒトラーの役回りも、ちょっと中途半端に感じました。期待が大きかった分…ということなのかな。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
latifa 2020/06/16 12:37

makiさん、こんにちは!
そちらは、昨日が北海道神宮祭でしたよね。昔6/15日が大好きでした。
学校も休みだったり、半ドンだったり(古い)したっけ・・・
今もそうなのかな? コロナで違うのかな・・

で、これ。
makiさんの感想、同じーー!って処一杯でした。
>期待が大きかった分…ということなのかな。
私もそうみたいです。上映当時見てたら違ったんだと思うんだけど・・・
感想、なかなかかけなくて、そのうち、もし書いたらTBさせて下さいね。
コメントアバター画像
maki 2020/06/16 18:34

latifa さんへの返信

こんにちは。
こちらは、神宮祭もよさこいもオータムフェスタも雪まつりも中止&縮小ですー
そうそう、小学生のときとか、学校が半休になったりして、お祭りいったりしたものですよね。懐かしい。でも今年はコロナ影響が色濃く中止でしたよ。
多分、札幌ミュンヘンクリスマス市も中止なんだろうなあ;

空想ヒトラーがもうちょっと重要な立ち位置にいたりして、立派な兵士を目指す過程がなぜかおかしなことになってクスクス可笑しい…みたいなのを思っていたので、「え?こんな作品なの?」って感じはありました。
確かに予告でもさんざん「愛よ」って言われてたけれど…ほんとにそんな話でびっくり。期待値高めで見ると、こうなるの見本でした^;
面白くなくはないんだけど、まあ普通という感じで!

コメントの投稿

トラックバック

「ジョジョ・ラビット」 - ここなつ映画レビュー

ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は10歳の軍国少年である。第二次世界対戦末期のドイツで、有能な軍国の士になるべく「ヒトラーユーゲント」という少年組織で日々訓練に励んでいた。ジョジョの頭の中には空想の親友アドルフ(タイカ・ワイティティ)がいて、彼は折に触れてジョジョを叱咤激励し、時には相談に乗ってくれる存在であった。靴の紐を上手く結べないこと以外は、ジョジョは優秀な戦士であると、自分...

ジョジョ・ラビット - 象のロケット

第二次世界大戦下のドイツ。 ヒトラー・ユーゲント(青少年団)の合宿に参加した10歳の少年ジョジョは、空想上の友達“アドルフ・ヒトラー”に励まされながら、過酷な戦闘訓練を受けていた。 しかし、訓練でウサギを殺せなかった彼は、教官から“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられてしまう。 帰宅したジョジョは、家の隠し部屋にユダヤ人の少女エルサが匿われていることに気づく…。 戦争ヒューマン...