メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ブレイン・ゲーム

2020/05/25  20:30
0
0
n_613pcbp73869rpl.jpg
【概略】
FBI特別捜査官のジョー・メリウェザーと若き相棒捜査官は、連続殺人事件の捜査に行き詰まり、元同僚のアナリスト兼医師ジョン・クランシー博士に助けを求める。博士は引退し隠遁生活を送っていたが事件に特別の感情を抱き、容疑者のチャールズ・アンブローズを追跡していく。だが並外れた予知能力の持ち主である博士は、この殺人犯が自身以上の能力をもっていることに気付く…。
スリラー

.0★★★☆☆
アンソニー・ホプキンス、ジェフリー・ディーン・モーガン、アビー・コーニッシュ、コリン・ファレル共演。
延髄を刺されて殺される連続殺人。予知能力のあるクランシー博士に協力を頼むジェフリー・ディーン・モーガンとアビー・コーニッシュのFBI捜査官。だが犯人はクランシー博士の能力をはるかに上回る能力者だった。
ジェフリー演じるジョーは途中で亡くなってしまうのよね。
病に苦しむ者たち(発症前の脳腫瘍すら見通してた)を救ったのだ、という真犯人がコリン・ファレル。
ジョンも実はガンのステージ4だった。ジョンは犯人だと誤解された男に撃たれて…病に苦しむよりも、殉職して妻子を養える方がジョンも喜ぶだろう、と真犯人チャールズは言い残す。
クランシー博士の過去(白血病の娘エマを安楽死させた事とか)を深いものにしようとしてたり、話を面白くしようとして失敗してる気がする…。難解とかじゃないけど、犯人のメッセージ性が、「引き継ぐものが必要なんだ。俺と同じように病むものの苦しみが見えるもの」というもので、なんだか宙ぶらりんというか、なんで「俺は死ぬこと前提」なのかもよくわからないんだよね…。
そもそも殺人をやめれば、クランシーが追ってくる事もなかったわけで。
アンソニー・ホプキンスが配役ミスな気がする。もう少し若いとか、配役が逆ならまだわかる。なんで年寄りのほうに託すって事になるんだ?と疑問だった。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿