メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ジュリーと恋と靴工場

2020/05/21  19:41
0
0
n_820gadr1668rpl.jpg
【概略】
25歳、職なし、金なし、彼氏なしのジュリーは、フランス、ロマンにある靴工場での仕事にやっと就く。しかし、そこは近代化の煽りを受けて工場閉鎖の寸前だった。ジュリーと女性靴職人たちは、‘戦う女’と名付けられた‘赤い靴’を復活させ、この危機を乗り越えようとする。と同時に、自由を求める運転手サミーに強く惹かれていくジュリー。さて、ジュリーの恋の行方は?工場は閉鎖されてしまうのか?
ドラマ

.0★★★☆☆
閉鎖寸前の靴工場を舞台に描く心踊るフレンチ・ミュージカルコメディ。
派手さというか起伏があまりなく、囁くようなフランス語なので、ちょっと新鮮な感じ。
どことなくクラシカルな雰囲気。
近代化の波に、工場の女性社員たちがストライキを起こすのですが、うーん、それはやったら即クビな気もする…。要するに工場側は解雇したいわけだから、口実を作っちゃうような気がするんだけどなあ。
個人的にはグザヴィエ・ローラン若社長の「君たちの技術は凄い、称賛するよ」の歌が好きかな。
ジュリーは工場の運転手サミーと惹かれあうんだけど、サミーは報酬をもらって工場にある高価な靴を持ち出す側に。
結局、「戦う女」という新作の赤い靴が契機になり、閉鎖寸前の工場を救うジュリーだけど、あれだけ欲しがってた「正社員」を捨てて、サミーを追いかけるほうを選ぶという…。
本当にそっち選ぶの?生活どうするんだ。さすが愛の国おフランスだぜ!恋愛面は正直軽い。
そういえば、ジュリーが「私は仕事がしたいの!」と言って梱包してたけど、あの梱包の仕方じゃ、段ボールのなかでゴロンゴロン動くわ^;
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿