メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

心霊ドクターと消された記憶

2020/05/12  17:16
0
1
n_617dz584pl.jpg
【概略】
娘を亡くし悲しみを拭いきれない精神分析医のピーター。普段の生活を取り戻そうと、患者たちとの面談を徐々に再開し始めた。ある日エリザベス・ヴァレンタインという患者ではない少女がやってきて1枚のメモを残していく。そのメモを調べていくと、自分の患者たちが全員1987年の7月12日にピーターの故郷で起きた列車事故で亡くなっていたという事実を発見する。亡霊たちに導かれ、ピーターは20年間封印されてきた秘密を解き明かしに故郷へと向かう。
スリラー

.5★★★☆☆
エイドリアン・ブロディ、サム・ニール。
娘を亡くし悲しみのあまり仕事に没頭するピーター。自分が診察してきた患者全員が亡霊だと知った精神分析医の彼が、彼らが命を落とした列車事故について調べるうちに思わぬ事実にたどり着く…という話で、エリザベス・ヴァレンタインという少女が残したメモから、ピーターは本当の真実を知っていく…悲しい事実を。
覗きをするために自転車を適当に投げ出して置いた、その自転車を置いた場所が線路の上だった…という、少年時代の自分と友達がしたことでたくさんの罪なき人々が事故でなくなったという事実に、打ちのめされている…最初はそれだけだったが、実は娘の事故死や、霊たちがピーター自身にまだ憑いてる事には、大きな関連性があったのでした。
エリザベス・ヴァレンタインの死は、実は列車の事故とは関係ないものだった。
後半のエリザベス霊のщ(゚Д゚щ)カモーンの姿(髪の毛の乱れ方)は良かった。
実際には列車の事故も、自転車なんかのせいではなくて、父親が少女を暴行して殺していた、その少女が絞殺されながら苦しんで列車の切り替えスイッチを押した…、その事で「列車の大事故」は起きたのだ。少女の事件も、元警官である現場にいた犯人の父親が捜査を打ち切りに。
友達の死まではさすがにやりすぎ感はあったけど、殺人犯である老いた父親が、最後列車にはねられるの、ピーターが全力であの事故の犠牲者の娘で警官になった女性(ピーターの供述書をとり、見つかったピンバッチから真犯人がピーターの父親だと感づいた女性警官)を助けるのも良かった。
エリザベスの霊は、父親に復讐出来たことで愛らしい姿に戻り消えて、娘の霊も美しい思い出として消えていった…。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

心霊ドクターと消された記憶 - 象のロケット

娘を亡くした精神分析医のピーターは、悲しみを抱えながらも患者の診察を再開した。 ある日、患者ではない少女エリザベス・ヴァレンタインが、1枚のメモを残し立ち去っていく。 そのメモを調べてみると、最近診察した患者たちは1987年7月12日にピーターの故郷で起こった列車事故の被害者だったことが分かる。 驚いたピーターは、父が一人暮らす故郷へと向かう…。 ホラー。 ≪あなたの記憶は真実ですか?≫