メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ラスト・クリスマス

2020/05/03  15:29
2
3
n_605gnbr5240rpl.jpg
【概略】
クリスマスショップで働くケイトは、悩みに的確なアドバイスをくれる不思議な好青年・トムに惹かれていく。ふたりの距離がなかなか縮まらない中、ケイトはトムの真実を知り…。
ラブロマンス

.0★★★☆☆
エミリア・クラーク主演。
ワム!の名曲「ラスト・クリスマス」に乗せて描くロマンティックコメディ。
家族とうまくいっておらず、自分は心臓の手術を受けて、その後何か大切なものを失ったような、自堕落な生活を送っていたケイト。
トムに出会ってから、彼を心の頼りにしてしまっていた。ケイトは電話を持たないトムを探しつつ、ホームレスのボランティアの仕事を手伝ったり、自堕落な生活をやめて「日々の行動がその人の価値をつくる」の通りを実践していく。
人生が少しずつ、ほぐれて変わっていく。本当の自分を知っていく。
でもそんなとき、トムの秘密を知ってしまう…。
1年前の事故=心臓移植、つまりトムは心臓の提供者だったのですね。
「なぜあなたを感じるの」「君の一部だからだ。どのみち僕のハートは君のものだった。」
ラブロマンスとは言っても、結ばれる系ではなかったのです。でも家族関係も修復し、ケイトの人生は以前と全く変わったのでした。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2020/05/31 18:53

移植元の人物が移植先の人物に影響を与えるって「ブラックジャック」にありそうな話だなあ。ずんずん移植元の人間に寄っていくとホラーになるのだろうけど。
コメントアバター画像
maki 2020/06/01 21:01

fjk78dead さんへの返信

こんばんは。
ありそうですね…いや、あったかも???
これ男女仲がそこまで深くならないところが良かったですよね。ロマンスはロマンスなんだけれど、思いっきり泣かせ系のラブロマンスになっていないところ。結局主人公の生き方とか意識を変えた出来事で一生忘れる事は出来ないだろうけれども…。

コメントの投稿

トラックバック

ラスト・クリスマス - 象のロケット

クリスマスシーズンのイギリス・ロンドン。 歌手志望の女性ケイトはオーディションに落ちてばかりで、クリスマスショップの仕事にも身が入らない。 ある日、彼女は店の前でトムという青年と知り合う。 気さくで優しいトムには、今まで誰にも話せなかったことも打ち明けることが出来たのだが…。 ロマンティック・ストーリー。

『男はつらいよ お帰り 寅さん』『仮面ライダー令和ザ・ファースト・ジェネレーション』『すみっコぐらし』『ラスト・クリスマス』『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』『ダウントン・アビー』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

書き漏れ感想6本まとめてレビュー。 ◆『男はつらいよ お帰り 寅さん』トーホーシネマズ上野8 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★山田洋次上手いよなあ】 よくまとめてある。 単に編集ものと新撮をバランスよく配置してるだけでなく、新撮の若者(つーかもうみな大人だけど)自身の人生が寅さんを参考にしながら慎ましく描かれるが、それがそんなに悪くない(寅さん出演シーンのように明るいコメディーにな...

「ラスト・クリスマス」 - ここなつ映画レビュー

ラ〜ストクリスマス アイゲイブマイハート なのである。正しいラブロマンス。「ラスト・クリスマス」という曲に抱いている気持ちは人それぞれ様々だろうけれど、例えもうこの曲を自分の感情とは何ら合致しないシーンに使われても全く問題を感じない、そんな年齢になってきている。そう、私などこの曲には色々な思い出が詰まっている。だがこの曲をモチーフにした作品を普通の気持ちで観ることができる日が来るなんてなぁ!...