メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

コナン・ザ・グレート

2020/03/31  21:48
6
2
n_612fxbr1806pl.jpg
【概略】
両親を殺され故郷を失ったコナンが逞しい剣士として成長。仇である妖術使いを求めて復讐の旅を続けるコナンとその仲間たちを描く。
ファンタジー

.0★★★☆☆
アーノルド・シュワルツェネッガー主演の、ヒロイック・ファンタジー・アクション。
昔見たときは、マッチョなシュワちゃんを主人公にした筋肉映画だったくらいにしか思わなかったのだけど(あんまり覚えてないし)、いま見てみると意外と楽しかった。あと曲が良い。
ツッコミどころは多々あるし(というかキリがない)全体的にもっさりしてるけれども、単純明快さが良い。頭も使わない。
あの、仲間を伴い主人公が戦士的な役割とかが、SFC時代のRPGゲーム的な世界観というか。冒険心はくすぐられるよね。
序盤から雰囲気を凄く作りこんでる。一昔前の海外冒険小説のような感じ…。手を繋いでるお母さんの首がぽろっ…とかね。
コナンの奴隷労働、なんのためにあるの(笑)一人だけ生き残ったためとはいえひとりでグルグル回してるとか可笑しい(絶対、あの奴隷労働であのマッチョな肉体は出来ない)。
悪霊に頼む「回復の魔法」が念仏みたいだった。
快癒の時のシュワちゃんが剣を構えて振り回す、そのシーンだけでもうなんか格好良いよね。
ラスボスの、蛇が矢になるシーンもいいですよね。コナンが負傷し魔法使いに回復してもらう際に代償は私が負うといった盗賊の女性が亡くなってしまう。
盗賊の仲間が「コナンはキンメル人。決して泣かない。だから俺が代わりに泣いてやるんだ」いいやつだわ。
そしてあまりにも呆気ないラスボス…。ただラスボスが言うところの「おまえは息子」って言うのも、一理あるんだよなー。
最初は罵声ばかりだったけども最終的に姫は可愛い。
語りでもあった魔法使いが言うところの、姫を連れ帰って、なんだかんだ、西の方に冒険に行って、最終的には国を作り王となるらしい。コナンの英雄譚における序章的な感じ?
ちょっと前になりますけど、「コナン・ザ・バーバリアン」でモモアさんがコナン役をやってましたよね。あっちもそこそこ面白かった。ただ、主人公(モモア)が悪相と私は書いてます(笑)まあーあの時のモモアさん印象強かったけど(多分わたしがモモアさんを知った最初)結果的にアクアマンになって人気を博すとまでは思わないわ。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
エクスカリバー 2020/03/31 22:21

大好きな作曲家ベイジル・ポールドゥーリスが担当したサントラCD、3種類くらい持ってます(^^;
これをオルガン演奏用にアレンジしたカヴァー盤も持ってるなあ。
続編にも続投で、こちらもCD買いました。

「お前は息子」は”中の人”繋がりのネタだというウワサも、その昔あったようですが。
コメントアバター画像
宵乃 2020/04/01 08:39

内容はほぼ忘れてしまったけど

謎の肉体労働のシーンだけは印象に残ってます(笑)
あれはいったい何のために回してたんでしょうね~。考えられそうなのは、地下水をくみ上げてるのかなぁと(くみ上げた水はどこへ…)。

>あの奴隷労働であのマッチョな肉体は出来ない

あんなマッチョになれる食生活ってどんだけ豪華やねん!って感じですよね。
コメントアバター画像
maki 2020/04/01 16:09

To エクスカリバーさん こんにちは。

そんなにサントラ出てるんですか。
でも確かに、これ曲いいですよねー。
映画としても、ファンタジー映画の基礎を作ったといってもいい…のかな?
どうしても、海外ファンタジー冒険小説が頭をよぎりますがそれをまさに王道でいっている感じ。
続編2作もそのうち観て行こうと思います!(もう家にあるんだ…)
コメントアバター画像
maki 2020/04/01 16:12

To 宵乃さん こんにちは。

謎の労働力(笑)
よくある奴隷の労働の構図でしたが、あそこじゃ水も枯れてそう^;
回してるの最後一人で笑いました。
その後は奴隷として剣闘士をしてたってところも、この手の海外ファンタジーにはありがちでしたね。
どうして奴隷商人さんは逃がしてくれたのでしょうね~。
当時でも結構お金かかってそうだし、
今ならもう少し面白くファンタジー冒険映画として作れそうですよね!
コメントアバター画像
エクスカリバー 2020/04/02 19:11

To makiさん

最初に出たCDが曲数少なかったので、その後に2枚組とかで色々出し直されたんです。

続編2作…ってことはひょっとして「レッド・ソニア(別題:キング・オブ・アマゾネス)」も含めてます?
あれは続編じゃなく、同じハワード原作の映画化作品に、契約の残っていたシュワちゃんを担ぎ出したという代物です。
あちらの音楽はエンニオ・モリコーネですが、これまた良い曲が多いのでサントラは愛聴盤。
コメントアバター画像
maki 2020/04/03 17:44

To エクスカリバーさん こんにちは。

あらまあ。もうレッドソニア借りちゃいました。
コナンのパート3だかって書いてあったので。

サントラは、最初に完全版出して欲しいですよね^;
とはいってもファンは買いですが…。
テーマ曲(かな?)が好きです。
映画のサントラって出てすぐ買わないと、
ほんともう入手が困難なので、難しいですね

コメントの投稿

トラックバック

『コナン・ザ・グレート』(1982) - 【徒然なるままに・・・】

ロバート・E・ハワードが生み出した蛮人コナン、初めての映像化作品(のはず)で、主演はこれがおそらく日本初お目見えだったアーノルド・シュワルツェネッガー。この作品は当時、旅先で観ています。途中で予定が狂っちゃったので、時間つぶしにフラっと立ち寄った映画館でやっていたのですが、当然予備知識も殆どありませんでした。<ヒロイック・ファンタジー>というジャンルにも馴染みがなかったので、何だか安っぽい映...

『コナン・ザ・グレート』 - 【徒然なるままに・・・】

シュワちゃんの出世作を久々に。リメイク版の「コナン・ザ・バーバリアン」も結構好きだし、精悍なジェイソン・モモアの方がヌボーっとしたシュワちゃんより格好良いと思うんだけど、こっちには重厚なジョン・ミリアスの演出とベイジル・ポールドゥーリスの音楽がある!特にベイジルの音楽抜きの「コナン」は「コナン」じゃない!――と言いたくなるほどのお気に入り。「ビッグ・ウェンズデー」、「グレート・ウォリアーズ/...