メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

見えない目撃者

2020/03/25  21:34
2
1
n_618drtd20318rpl.jpg
【概略】
事故で視力と弟の命を失い、警察官の道を諦めた浜中なつめ。ある日、彼女は誘拐事件と思われる現場に遭遇。だが、警察は目が見えないなつめの訴えを聞き入れず…。
サスペンス

.0★★★★☆
韓国映画「ブラインド」の日本版リメイク。
吉岡里帆、高杉真宙共演で猟奇殺人犯との攻防を描いたサスペンススリラー。
韓国版オリジナル作品は主演がキム・ハヌルさんで、正直もう細かいところまでは覚えてないけど…盲導犬が健気&可哀想でね…そして作品自体も面白かった。
面白かった作品のリメイクだからってのもあるけど、本作も面白い。これがリメイクじゃなかったらねえ。
改変部分も、いい意味での改変になっており、後半に行くにつれてどうなるやらハラハラ感が味わえた。
土嚢の下から見つかる女の子の死体…。六根清浄。成田の事件の目撃者で警察官になった日下部。
定年まじかの刑事・木村さんの脳内と鑑賞者の脳内が全て繋がる犯人が特定できた時の緊迫感がいいですね。
目撃者のもう一人の青年にスマホを使って誘導してもらうのは同じです。そしてパル泣ける;
後半の犯人の無敵さ(刑事の吉野さんの頭頂部からのザックリとかの)も良かった。
ラストの攻防が西部劇のようでカッコいい。「大樹お願い。お姉ちゃんを守って」亡くなった弟の遺品でもあるティアベルを「音」として使った銃撃。もともと、警察学校を首席で卒業していた彼女。
なつめを演じた吉岡さん良かったですねー。
オリジナル韓国版も良かったけど、こちらも良い!ただ、ラスト見たらオリジナルとは違い盲導犬は病院行っただけで生きていたわ。あの容赦なさが日本版と韓国版の違うところかもね。
邦画の中ではかなり面白い部類のサスペンスだと思います。正直オリジナルを超えた気もする。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
ヒロ之 2020/03/26 14:18

こんにちは!

良く出来た作品でしたよね。
ほんと、これが全部日本人が考えて、の完全なオリジナルなら嬉しい事なんですけど、リメイクてのがありますから素直に喜べない複雑な気分にはなります。
けど、完コピではなく、日本風にアレンジさせて、それを新しく改変させた部分はオリジナルに負けず面白くなっていました。
終盤の攻防も違う形になっていて、それが却って新しい緊張感を生み出していたように思います。
コメントアバター画像
maki 2020/03/27 21:23

To ヒロ之さん こんばんは。

もう細かいところは覚えてないのが難点ですけど、
オリジナルよりも終盤の展開は好みだったなあ。
まるで西部劇の決闘のような感じでしたよね。
そこに、弟への思いが加わるみたいな。

オリジナル版ではっきりと覚えてるのは、
ワンコが犠牲になった、あのスマホで誘導してもらって逃げるんだけど追いつかれるって場面ですね。
あそこはほんとハラハラしました。
本作でもハラハラさせられましたね。

コメントの投稿

トラックバック

見えない目撃者 - 象のロケット

警察学校卒業式の夜に弟を事故死させてしまい、自身も失明した女性・浜中なつめ。 警察官を諦めた彼女は3年後、車の接触事故に遭遇した。 現場で車中から聞こえた声から少女誘拐事件の可能性があると警察に訴えるが、捜査は打ち切られてしまう。 諦めきれないなつめは、事故現場で車に接触したスケボー少年・国崎春馬を探し出すことに…。 サスペンス・スリラー。 R-15