メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

インビジブル・ウィットネス 見えない目撃者

2020/03/12  20:31
2
0
n_626if200942rpl.jpg
【概略】
愛人の殺害容疑を掛けられ絶体絶命に陥った実業家・アドリアーノの前に、敏腕女性弁護士・フェラーラが現れる。圧倒的に不利な状況の中、彼女は無実にすると約束するが…。
サスペンス

.0★★★☆☆
スペイン映画「インビジブル・ゲスト 悪魔の証明」のリメイクのイタリア製サスペンス。
スペイン映画のオリジナル版は最後まで「えー!!」ってなって面白かったなあ。そりゃリメイクも作られるわ。
…でこのリメイクですが、なかなかに忠実な作りでした。
ただ、実業家アドリアーノの役者さんの老け顔具合、車の事故の被害者ダニエレの両親の夫のほうが、カーネル・サンダースに見えた(笑)気のせいのはず。たぶん。
ラストのアレ。妻が顔の皮ベロンと剥がして素顔に戻るときの、特殊メイク感は凄いわ^;どこでそれ用意したの…。
どちらも引き込まれてみちゃうけど、やっぱりどっちが面白いかと言われたら、最初に観たスペイン版よね。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
Miya 2020/03/14 09:05

突然でごめんなさい。はじめましてですね。一言だけいいですか。スペインはエンタメも素晴らしいけど、映画みたいな世界は目立たない。あちらは劇場なんですかね。エンタメ業界が今苦戦中って知ってますか?ディズニーが閉館とか。映画もしぼんでしまったら・・・。でも制作費は少なくても残りますよね。豪華じゃなくてもいいし。イタリアっていうのも通だな。
コメントアバター画像
maki 2020/03/15 13:09

To Miyaさん こんにちは。

はじめまして。コメントありがとうございます。

>でも制作費は少なくても残りますよね。
>映画みたいな世界は目立たない。

んん?どういうことでしょうか。
私の記事で気分を害してしまったのならごめんなさい。
外国にも行った事がないので、その辺の事情はわかりません。
世界的にということでしょうか。
映画みたいな世界、というのは映画の事を現していますか?
それとも、映画の中のようなシチュエーションということでしょうか。
後述であれば、そりゃ現実は映画じゃあるまいし、になってしまいますし…。

イタリア映画では、「人生、ここにあり! 」が凄く良かったです。

コメントの投稿