メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ブライトバーン/恐怖の拡散者

2020/03/07  11:49
4
3
n_606rdd81564rpl.jpg
【概略】
トリとカイルの夫婦は男の赤ちゃんを拾い、ブランドンと名付けて育て始める。彼が12歳になった頃、トリはブランドンに恐ろしい疑いを抱くようになる。
ホラー

.0★★★☆☆
ジェームズ・ガン製作によるホラー。ダークサイド版スーパーマンとはうまい事言う。
息子がそんな事するはずがないという親の目線が、愛情と猜疑心が生まれて葛藤しはじめるとことかはなかなか良かったと思う。
果たして赤ちゃんは天からの贈り物なのか…ってところが気になりますが、父親が早々に「あの子は森で拾ったモンスターだ!」となるのに対して母親は「よくそんなことが言えるわね。私は母親なのよ!」ってなるところは、やはり「母性本能」だね。
狩りに行った父子、ブランドンを撃ったカイルは、反撃にあい殺されてしまう。「帰ってきたよ、ママ」
ダークサイド版スーパーマンという設定は面白いんですが、いまひとつはっちゃけられずに終わってしまった印象。唐突に変化し始めたので、ここはじっくりブランドンが変わっていく恐怖を描いて欲しかった。宇宙船による洗脳に近いのは残念。
宇宙人であるブランドンの目的は、地球を奪う事(絵が地球を攻撃してる感じ)。
宇宙船の部品でブランドンが手を切っていたのを思い出したトリは、「あなたはいつまでも私の可愛いベイビー」という本心ながらも息子を止めようと、抱きしめて刺そうとするも、失敗。はるか上空に連れ去られ、落とされる。
そこには旅客機の姿も…、旅客機が農場に落ちて夫妻は死亡、生き残るブランドンという表面的なニュースでENDです。
物足りないよねー、これ。演出次第では、もっと面白く激しいホラーとSF要素が加えられたと思う。予算が足りなかったのかな…?
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2020/03/08 21:43

お父さん、お母さんを大切にしましょうという標語をちゃんと学習させるべきでしたね。
コメントアバター画像
maki 2020/03/09 20:44

To fjk78deadさん こちらにもありがとう。

もともとは良い子だったので、
宇宙船による洗脳だったのかなって思っちゃいますよねえ
洗脳というか、もともとあるはずだった性格(本質)に戻ったというか
母親が愛し育てた可愛い息子のほうが、偽で。
コメントアバター画像
夜影座 2020/03/24 00:48

こんばんは!

愛情を注がれて育ったはずが、いつしか本性が目覚めてしまった、ということでしょうか。
家畜から人間と、残虐性がエスカレートしていく辺りは怖かったです。
悲惨な結末ですが、昔懐かしい『オーメン』を思い出しました。
コメントアバター画像
maki 2020/03/24 17:21

To 夜影座さん こんにちは。

愛情を注がれて育ったはずが、
あの宇宙船を発見してしまったことで、
元々持ってた本能が目覚めてしまったということなのでしょうね。
確かに、オーメン的でもありましたね!

コメントの投稿

トラックバック

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(2019) - 【徒然なるままに・・・】

子どものないブレイヤー夫婦が不妊治療を受け、神に祈っていたところ、ある日天からの授かりものが。月日が流れ、ブランドンと名付けられた赤ん坊は頭脳明晰な少年へと育って行った。だが思春期を迎えた頃、ブランドンは謎めいた行動をとるようになる。そして周囲で不可解な事件が起こり始めた…。製作がジェームズ・ガン、脚本と製作総指揮にその兄弟であるブライアン・ガンとマーク・ガン、監督はデヴィッド・ヤロヴェスキ...

ブライトバーン 恐怖の拡散者 - 象のロケット

子供ができず苦しんできた女性トーリの母親になる夢は、謎めいた男の赤ちゃんの到来でようやく実現する。 好奇心旺盛な息子ブランドンは、トーリと夫のカイルにとってかけがえのない存在となった。 しかし、やがてブランドンは異常な力を発揮し始め、カンザス州ブライトバーンをとてつもない恐怖に陥れていく…。 ホラー。 PG12

『ブライトバーン/恐怖の拡散者(ネタバレ)』東宝新宿12『ドクター・スリープ』『ガンダムGのレコンギスタ』新宿ピカデリー8,2 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

同日鑑賞3本をまとめてレビュー。 ◆『ブライトバーン/恐怖の拡散者』新宿トーホーシネマズ12 ▲こわいこわい。 五つ星評価で【★★★つまらなくはないが、え、そこで終わらせちゃう】 ※ 感想の中にネタバレ内容を含みます。 見る前は「ストレスが貯まったブライト艦長がバーンってなる映画だな」とか言ってたけど、勿論違う。 「スーパーマンって実は気持ち悪くね?」ってテーマの映画だが、少年ブラ...