メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

フリーソロ

2020/03/05  21:30
2
3
n_603albd10060rpl.jpg
【概略】
稀代のクライマー、アレックス・オノルドが、カリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる975mの断崖絶壁に挑む姿の一部始終を捉える。
ドラマ

.0★★★☆☆
己の手足だけを頼りに岩壁を登るフリーソロ・クライマーの前人未到の挑戦を追ったドキュメンタリー。
ロープも道具も使わずクライミング。何でこんなことするの?と思ってはいけないのでしょう。
死と隣り合わせのスリルにも魅了されているようにみえた。達成感は死と向き合う事。
非営利団体を設営したりもしてるんだけど、恋人が誤ってアレックスを滑落させてしまい怪我をした過去も。
内面もしっかりと描くことで、アレックスとその周囲の仲間、恋人たちの人となりが良く伝わってくるのですが、フリーソロで登っていた人たちの多くは亡くなっているらしいから、余計に周囲の人も心配している。そりゃそうだ。でも彼のその輝いている生き方を、否定したくはない。
映画じゃないんだから、ほんの少しのでっぱりに手指と足指を使って体を支えて登るだけで凄いのに、さらに命綱もなし。
撮影隊もプロクライマーたちで彼らのほうがアレックスの凄さや苦悩が伝わっているのだろうね。
後半はアレックスが登り詰める。所要時間約4時間。登頂したあとの笑顔が実に爽やかで…達成感と幸福感に満たされているのだろう。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2020/03/08 21:38

ギリギリ起きてみてたんだけど、睡魔と戦いすぎて心が死にながら見てしまい、映画が終わった時に何の達成感も得られなかった。
コメントアバター画像
maki 2020/03/09 20:39

To fjk78deadさん こんばんは。

まあドキュメンタリーだし、
もくもく地道な登りだし…
派手なアクションがあるわけではないから、仕方ないのかも
「へー、凄いね!」とは思うものの
その凄さはクライマ―などの同業者しか、本質的なところはわからない気がしますの

コメントの投稿

トラックバック

フリーソロ - 象のロケット

身体を支えるロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登る、フリーソロ・クライミング。 クライミング界の若きスーパースター、アレックス・オノルド(1985〜)は、カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑戦することに。 この世界屈指の危険な断崖絶壁をフリーソロで登りきった者は、まだ誰もいない…。 山岳ドキュメンタリー。

『フリーソロ』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

「フリーソロ」というのは、ロープや安全装置を使うことなく、体一つで数百メートルの断崖絶壁をよじ登るシンプルな方法。もちろん一歩間違えば死に直結するという危険度MAXなものだ。これはそんな危険に挑んだアレックス・オノルドに密着したドキュメンタリー映画で、今回の彼のターゲットはヨセミテ国立公園にあるエル・キャピタン、約975メートルのルート。まずは2016年春、現地でのトレーニングを開始。ロープ...

『国民の創生』シネマヴェーラ渋谷『フリーソロ』『ダンスウィズミー』HTC渋谷3 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

同日鑑賞3本をまとめてレビュー。 ◆『国民の創生』シネマヴェーラ渋谷 五つ星評価で【★★万年疲労体質の私にはキツい】 特集企画「素晴らしきサイレント映画」からの一本。 1915年の白黒映画、103分短縮版、無音バージョン、初見。 かの著名なグリフィス監督によるアメリカ映画最初の長編映画。流石にサウンド版じゃない長いの見るのはしんどい。ポコポコ意識飛んでる。 暴動を起こしたニグロが悪人でKK...