メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

祟り蛇ナーク

2020/03/05  18:13
0
0
n_688mx2396rapl.jpg
【概略】
仕事を解雇され、事故で大怪我を負った厄年の青年・ノーンは、父に説得されて出家することに。腐れ縁の仲間と共に人里離れた寺院へ向かうが、そこでは身の毛もよだつ怪奇現象が待ち受けていた。
コメディ

.0★★☆☆☆
祟りの伝説が残る山寺を舞台にしたホラーコメディ。
主人公の友人2人がオカマという設定は、実にタイ映画らしい。けど…これ笑えるか?と言われれば、NOでしたね。
ギャグが古臭い。ギャグともいえない脱力と怖くないホラーの繰り返しで、観客がしらけて飽きてきたところに、母の為という出家の気持ちをもってくるのですが、実際のところ、そこもなーというレべル。
友達のゴートが、凄いインパクトのあるホラー顔してるんですが、早々に退場しちゃうのは残念だよ…!
ナンだかナーンだかよくわかんなかったけども、結局ナークの呪いとかじゃなくて、元ギャングだったナンが母親のために出家したかったのに、出家する当日死んでしまって、出家出来なくて霊が彷徨ってたって言う話、俺が出家出来ないなら誰にも出家させない…!という。
「来世で生まれ変わっても、母親になってくれる?」どこの世界でも、母親ってのはその人にとって唯一無二なんですねえ。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿