メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ天使たち~

2020/02/23  22:27
2
1
n_620sdv21250rapl.jpg
【概略】
ある日、のび太の家の庭に空から巨大ロボットの部品が降ってきた。ドラえもんとのび太はそれを組み立てて巨大ロボット‘ザンダクロス’を完成させるが…。
アニメーション

.5★★★☆☆
『のび太と鉄人兵団』が、新キャラクターも加わって再登場。
大きな違いとして、新たに「ピッポ」が登場のようですね。リルルのロボットの頭脳ジュド。もう前のオリジナル版を忘れてるけど。
「か…勘違いしないでよね!転んだ先にピッポがいただけだからね!」のび太のツンデレがみれるのは本作だけ?(笑)
のび太とピッポ、しずかとリルルの友情物語もあり、そのことがあって、祖国は裏切れないけど、人間も我々と同じなのでは?とリルルが総司令官に計画中止を訴えるところも、良かったですよね。
しかしそのあとにもっと泣けるポイントが。「素晴らしいと思わない?天国を作る手伝いができるなんて」ロボットのアダムとイブ…「アム」と「イム」を作った「神様」に会いに行き、優しいロボットになるよう変更してもらって、途中で亡くなってしまった博士に変わってリルルの活躍で歴史が変わってしまうために起きる自己犠牲の消滅シーンで、「生まれ変わったら、天使のようなロボットに…」「お友達になってね」この台詞はダメだろう。泣くわ。リルルの優しい表情も良かった。
後半のしずかちゃんのポケット活用のとこ好き。でもタイムマシンとかあんな勝手に使えるものなの?(笑)
思いやりや優しさ、そして友情を交えてくるリメイクでしたが、劇場版ドラえもんでは、これらは毎回のことなのだけど、なんでだか泣けてしまいますね。
ラストで天使のようなのと鳥が飛んでる幻影を見るのび太…。あれ、しずかちゃんは?…ってところだけ不満です。
「(リルルだけじゃなくて)ジュドもか!?」みたいな敵ボス台詞があったんだけど…、そういえばジュド=ピッポのロボットとしての価値もよくわからなかったなあ。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2020/02/29 22:30

もうわすれちゃってるけど、ブログ読むとバッチリやられていたよう。福山雅治がなんか声を出していた模様。
コメントアバター画像
maki 2020/02/29 22:55

To fjk78deadさん こんばんは。

えっそうなの!?
福山全く気付かなかったですよ。
まあ気付いたところで、特になんだという感じではありますが…

リルルの最期のやわらかい笑顔が良かったですよね

コメントの投稿

トラックバック

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団』をパルコ調布キネマで観て、やられちゃう男ふじき☆☆☆☆ - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

五つ星評価で【☆☆☆☆ベタに弱い】 オリジナル映画は未見。 友達の為に。 理由は判然としなくとも我が身を投げ出すベタ演出に 涙腺の緩くなった大人は単純に泣かされてしまう。 リルル、ピッポ2体のキャラがそれぞれの結論を 別々の経験から出すという話の流れは上手い。 ただ、しずかちゃんちの風呂場を のび太があまりにも日常的に利用できる場所として 使用しているというのはどうかと思う。 【...