ホローズ・グローブ

2020年02月21日
0
0
ホラー
horrow.jpg
【概略】
ドキュメンタリー撮影班が心霊・超常現象を調査・撮影するため訪れた孤児院は、少女による殺人事件や看護師が自殺するなど不幸な事件が起き、閉鎖されて廃墟となっていた。撮影当日、建物で様々な不思議な現象が起こり、当初は仕掛けだと思っていた撮影クルーが次々と犠牲になっていく。
ホラー

.5★☆☆☆☆
廃墟と化した孤児院で起こる超常現象の恐怖を描いたホラー。
ドキュメンタリーの撮影班が、孤児院(病院)による心霊現象を元ネタに、「調査」と言う名の現象づくりの撮影をするために訪れる。
看護師の自死や少女による殺人があったというその施設の中で、ある程度恐怖映像を撮ったら編集するために戻るつもりだった。廃墟では色々と起こり、ビルの仕掛けだと思っていたはずが…という展開です。
よくあるPOV撮影もので、特別怖い映像も状況もないしで作品に入りきれなかった。
サーモ・モニターに映る顔とか…歌うような声とか、後ろのドアに影とか、「飯でも食いに行こう」の後ろ、赤外線カメラで撮ってたら映る子供たちの姿とか、落ちてくる人形、「ふぅん」程度でした^;
こういう過去のある廃墟に入り込み撮影っていうシチュエーション映画も多いですからね。
そしてこういうPOV系統の映画、嫌いなのに、なぜか借りてしまうというね。
脱出を図るも、出られない。管理人ヘクターが首吊り。「一階へ行ってドアか窓をぶち壊す。三階から出るよりまし」「正論だな」こんなこともわからなくなるほどパニくってるって事なのでしょうが。
子供たちの背景にもっと悲惨な事実が浮かんで来ればよかったけど、「病気があった」とか、「虐待されてた」と設定は最初に言ってましたが、それくらいなので、子供霊の怖さや哀しみが伝わってこない。
80分程度過ぎたところの首傾げの白塗りの人の登場がちょっとマシな程度。…で、誰あれ?
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
maki
Posted by maki
大作~B級を幅広く鑑賞中。ホラー、サスペンス・スリラーが好き。
大好き(ღ❛ั◡❛ัღ)
マッツ・ミケルセン、コリン・ファース、ポール・ベタニー、ドニー・イェン その他…
<記事内の★の数:好みかどうか>
★★★★★→☆☆☆☆☆
(面白い)→(微妙)
★★★☆☆(普通)は振り幅が大きいです
星3.5はこう→(.5★★★☆☆)

Comments 0

まだコメントはありません。