メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ドアロック

2020/02/19  17:12
0
0
n_603albd10090rpl.jpg
【概略】
銀行に勤めるギョンミンは、都心の古びたマンションでひとり暮らしをしていた。ある朝、彼女はドアロックのナンバーキーに不審な粉が付いているのを発見し、パスワードを変更するが…。
スリラー

.0★★★☆☆
サスペンス・スリラー作品としてまあまあ良く出来てる。
特に女性で一人暮らしをしている人は、こんな目にあったら怖いだろう。
ただ、従来の韓国映画のようにとことん突き詰めて恐怖を煽り、そのどん底に突き落として欲しかった感はある。どうせならね。
どうやら誰かがドアロックをあけ侵入を図っているようなので警察に何度も通報しているチョ・ギョンミン。
ある日契約している銀行で問題があって課長に助けられたギョンミン。しかしコーヒーを買いに行っている間に部屋に通した課長は殺されていた。
…というか、毎日のように薬を嗅がされて、証拠が残らないようにシャワーも使って、裸で一緒に寝る。ギョンミンが起きる時間より前に出ていく。それを繰り返してた映像も不気味だけど、正直それだけなら「スリーピングタイト 白肌の美女の異常な夜」と言う作品があってですね…。あれは最後ももやもやとして後味が最悪の映画でしたのよ(面白い)。しかも犯人の職業も本作と同じ。
3200ウォンと野菜粥、怪しいストーカー男。誰も彼もが怪しく見えるんだけども、前の「好きな人」の末路がなんとも…。ダルマさんは免れてたけど薬づけにされ足を切られてた。そして殺されてノコギリで切られ…。
あれは上の住民の女性だったんだろうね。彼女に「好きな人が出来た、下の階の人だ」って言ってたからね。
最終的にイ刑事がくれたペンギン型の監視カメラに犯人の姿が映る。そう、今すわっているベッドの下に彼はいる…。
本作ではヒロインも反撃しますからね、それとイ刑事は残念だった。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿