メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

2020/01/26  14:30
4
4
n_606rdd81579rpl.jpg
【概略】
ピークを過ぎたTV俳優のリックと、彼を支える付き人でスタントマンの親友・クリフ。ある日、リックの家の隣に女優、シャロン・テート夫妻が越して来る。
ドラマ

.5★★☆☆☆
L・ディカプリオとB・ピットが初共演し、Q・タランティーノが監督・製作・脚本を務めたドラマ。1969年ハリウッドで起きたシャロン・テート事件を軸に、史実と物語が交錯する。
相変わらず長い…。で、概略でもわかる通り、これはあれだわ、シャロン・テート事件がどうの言われてたけども、家の間違いが起こる系だなあ…ともわかってしまう。
タランティーノ監督らしい、笑いとスッキリが後半に起きるんだろうなーと、後半に期待してたのですが…。
緊迫感ないなー。「豚を殺すんだよ」とか、他の本作影響でのマンソンファミリーの映画でも言われてたような台詞ですが、これなら正直先日見た「チャーリー・セズ/マンソンの女たち」のほうが面白かったな。
まあ本作は、シャロン・テートが無事という、別世界を描いているような作品と言うか…。あるときハリウッドのどこかで…みたいな事だから、まあ、そういうのもありだとは思うけども、拘りとかは感じたけれども、映画として面白いかと言われたら、私はあんまり…でした。
そもそもシャロンの事件に残酷さを感じてても当時の世代を生きてたわけじゃないので、細かい役者とかハリウッドのやり方とか、よくわからなかったのよね。
そういうのもあって、おそらく楽しめなかったのではないかな?結局何が言いたかったのかもよくわからなかったし。
後半眠かったぜ…。(´・ω・`)
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
ヒロ之 2020/01/26 16:27

こんにちは!

こちらにも。
火炎放射器と電話機はこうして使え!というのをタランティーノ流に示したかったのかもしれません(笑)。
今のご時世、あれだけ女を(顔面崩壊するまで)ボコボコにする映画も珍しいですし、タランティーノだから許されるのかも?
コメントアバター画像
maki 2020/01/26 19:29

To ヒロ之さん こんばんは。

その暴行を受けた女性ですが、
キャアアアア、キャアアアア、パンパン(プール内にて、銃を撃つ音)のシーンが
めたくそ「え、なんで?」と思ってしまって
興奮と痛みなどからパニックになったのでしょうが、なんだか気にくわなかった(笑)
いままでのタラ映画だと後半に「おお」と思わせられる展開が待ってるのに、
本作はその驚きがなかったかな。
そもそもお隣さんが誰かって時点で、「ああ、家間違い」と思ってしまうので、
驚きがないといえばないのですよねー^;
コメントアバター画像
ふじき78 2020/01/27 16:19

なげーよ!
コメントアバター画像
maki 2020/01/27 20:40

To ふじき78さん こんばんは。

長いですね(笑)
長くても最終的に面白ければオールオッケーですが
そこまで「うわああこれ面白いいいいい」てのがなかった…。
やはり家違いってのがわかってしまうからなのかな…
終盤の暴力シーンも特に驚くことなく。
むしろアンテナ直そうとするときのブラッドの身体能力の高さに驚きでした

コメントの投稿

トラックバック

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』『SHADOW/影武者』『ヘルボーイ』トーホーシネマズ日比谷5、シャンテ3、日比谷7 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

◆『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』トーホーシネマズ日比谷5 ▲シャロン・テート役のマーゴット・ロビー。名前が似てるからロビンちゃんのコスプレしてほしい。 五つ星評価で【★★★タラちゃんをただで】 なげーよ。 これが第一声の感想。 ラストシーンの強烈さは全般的なダラダラ具合を補って余りある、と、ないの境目。無駄にダラダラしてるのは好きじゃない。レオ様の見せ場もちゃんと用意し...

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド - 象のロケット

1969年、アメリカ。 テレビ男優リック・ダルトンは、人気のピークを過ぎ情緒不安定になっている。 親友でスタントマン兼付き人のクリフ・ブースは、悩めるリックの唯一の支えだった。 そんな時、時代の寵児ロマン・ポランスキーと妻で女優のシャロン・テートが隣に越して来る。 彼らとの格差を感じ焦ったリックは再起を賭け、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することに…。 コメディ。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 - ここなつ映画レビュー

すごく好き。まず役者がすごくいい。「こういう役を観たかった」レオナルド・ディカプリオであり、ブラッド・ピットである。そしてタランティーノらしいといえばタランティーノらしい。暴力も血も皮肉もある。かつて華やかなスターであったリック(レオナルド・ディカプリオ)は、ハリウッドの豪邸に住んでいる(なんと隣の邸宅はロマン・ポランスキーだ)。しかし、今はあまり仕事もなく、ずっと自分のスタントマンをやって...