メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

プライドと偏見

2018/01/13  11:45
0
0
n_615unrd43349pl.jpg
【概略】
18世紀の終わり。イギリスの田舎町の豪邸に金持ちの独身男性ヒングリーが越してきた。女性に相続権のない時代ゆえ、お金持ちの男性との結婚は女の花道。そんな中、舞踏会が開かれ、ベネット家の五姉妹の長女ジェーンとヒングリーの間には恋が芽生える。そして次女エリザベスは、ヒングリーの友人ダーシーのプライドの高さに反感を持ちつつも、次第に彼の存在が気になっていく…。
ロマンス



.0★★★★★
個人的に非常にときめき度の高い映画です。女性なら乙女心がくすぐられるはず。

あの馬車のところの手の感じとか、ダンス時の見つめ方とか、突然家に訪ねてくると即かえっちゃうとか、平静を装ってるところとか、突然の告白とか。とにかくMr.ダーシーにたまらなくなります!

BBCドラマのコリン・ファース=Mr.ダーシーが有名ですが、映画のマシュー・マクファディン氏もとてもよかったと思います。じんわりとした熱情と不器用な感じがとてもよくでていました。

イギリスロケによる美しい背景やお屋敷、音楽もとってもステキ。

女性に遺産相続権のない時代、女性の生きる道としてはとにかく「結婚」。鷹揚と構える父に対しエリザベスの母が騒ぎ立てる様子や姉妹の遠慮のない物言いがとびかう様がコミカルです。中盤まではキーラもぎこちない笑顔なのですが、ラスト付近はとても輝いて見えました。

無駄にダーシー身悶えシーン(ナニソレw ←私の身悶えポイントです)だけ繰り返し再生しまくった覚えがあります。大好きなロマンス映画です。

BBC制作のコリン・ファース版「高慢と偏見」もおすすめ!
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿