メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ヒックとドラゴン 聖地への冒険

2019/12/20  20:31
6
4
httyd3-poster.jpg
【概略】
かつてドラゴンは人間の敵だった。弱虫のバイキングの少年“ヒック”と、傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で彼らは共存する道を選び、バーク島で平和に暮らしていた。だが、ドラゴンが増え続けたバーク島は定員オーバー!亡き父の跡を継ぎ、若きリーダーに成長したヒックは、島を捨て、ドラゴンたちと新天地を探し求める決断をする。
アニメーション

.0★★★★★
映画館鑑賞。吹替。
待ってた、ヒクドラ!思い通りのハッピーエンドで涙があふれてしまった。
ヒックは1作目で片足を、2作目では父親を失う。そして、本作でも大切なものを失う。少年時代でも、青年時代でも、それはとても過酷です。でもヒックはいつでも前を向いてるんだよね。失った事を嘆くんじゃなく、乗り越えていく。それがとても胸に響くこのシリーズが、私は本当に大好き。
仲間たちも相変わらず&アスティとのロマンスも更に盛り入れて、さらにライト・フューリーなる、トゥースと同じナイト・フューリーの雌ドラゴンも出てくる。そうなると当然…と考えてしまうんだけど、確かにその通りの結末になって、とりあえず大号泣。でも多幸感でいっぱいになってしまった。
冒頭から親切設計の前2作のあらすじがついていて、とっても良かった。
原題が「How to~」なだけあって、ドラゴンの生態を大事にする演出でってことなんだろうけれど、若干、トゥースの求愛行動が長いなって思ったくらいで、あとは素晴らしくも完璧。双子も相変わらずそれぞれに可笑しい。
本作、亡くなった父親ストイックとの回想もあって、それがまた重要なシーンだったりするんですが(幼いヒックの顔の傷も細かいけど勿論あった)、聖地を目指すことになって、結局ヒックのドラゴンとの共存の夢は、まだ人間側の理解が足りず、バーク島の人たちはドラゴンの守り人のようにドラゴンと共存していた事実を忘れない、伝えていく、という、単純なヒックとトゥースとの別れだけじゃなくて、バーク島のたくさんの人たちもがそれぞれ愛するドラゴンとの別れがあるってとこ、ある意味壮大な話だったよね。
それとトゥースがいなくなって、トゥースがいないと何もできないって思ってるヒックに対するアスティの言葉も心に沁みた。そう、アスティなんだよね、最初にヒックとトゥースとの友情をみていたのって。アスティの花嫁姿も美しかったなあ。
そうそう、ちなみに私、劇場でひとりでした。まあね、金曜日の16時からって時間帯ってのもあるけど(SWと公開がぶつかってるのもあるけど)、久々の(6番スクリーン/中くらいの広さ)でたった一人の劇場鑑賞!むしろ私のために映画上映したかのような!映画館ひとり!ヒャッハー!嗚咽漏らして泣いてもOKだったよ!経営大丈夫かってのも思うけど、イオンシネマ&地域に一つだけだからなあ…。
ついに終わってしまったという虚無感と多幸感に襲われるという両極端な映画。
でも前述したように今までのあらすじもちゃんと教えてくれるし、アクションあり涙ありハッピーエンドありで、是非ともたくさんの人に観て欲しい。でもって前2作(ぷらすドラマアニメ)も観て彼らの事好きになって欲しいなって思う。
個人的にはこの3部作のセットセル盤が欲しいです。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2019/12/21 23:11

バイキングだからまあ、奪ってもいいだろって言っちゃえばそうなんだけど、そうは言っても周囲の国々は奪われるだけ奪われるのはたまらんだろう。映画ではヒックたちの国が正義みたいに描いてたけど。
双子の男も女もおかしくてたまらねー。近くにいてほしくはないけど。
コメントアバター画像
maki 2019/12/22 16:30

To fjk78deadさん こんばんは。

バイキングの民だから、当然、略奪強奪…というのはドラゴンが敵だった頃の話で、
ヒックたちは襲撃され連行されていくドラゴンたちを救出して島に連れてきていましたよね。
そうなると当然どんな豊かな島だって、ドラゴンたちの食べる糧も(魚が主ですが)捕らないとならないので、正直略奪強奪してる暇はなかったと思います。ほとんど、魚釣り??
とはいえ、バーク島のことは周囲の村にもドラゴンライダーがいる、と知れ渡っていましたし、そう考えると
あの島は危ない、やばい、と思われ一目置かれててもおかしくはないですね。
ヒック自体がまずいくらバイキングだからといっても略奪強奪をするタイプの性格ではないので、「話し合おう!」とか言いそう(笑)
双子のタフとラフは、1も2もアニメドラマ版も、可笑しくってたまりません(笑)
コメントアバター画像
ボー 2019/12/28 22:38

うちらの劇場は、

6人くらいでしたか。土曜の昼間。東京なら、もっといると思いますが。
ヒックの選択には、あっと思いましたよ。それまでの状態が続くものと思い込んでいたので…。
泣けたけど、そのあと、また嬉しいシーンが来て、また泣けた。
コメントアバター画像
maki 2019/12/29 15:52

To ボーさん こんにちは。

素晴らしいシリーズでしたね。
ほんと、むちゃくちゃ大好き。
いつもスペシャル的な話だけが詰め込まれてる(ボーンクラッシャーの伝説とか)DVDを借りようとするのですが、毎度レンタル中…
それだけ人気のあるシリーズってことなのだろうけど。

嬉しい悲しいです。いろんな意味で。
コメントアバター画像
風子 2020/01/05 14:11

感動のストーリーでした

貸し切り上映とは羨ましいです。
ひげを蓄えたヒックが、ジェイク・ギレンホールに見えました。(笑)
コメントアバター画像
maki 2020/01/07 20:40

To 風子さん こんばんは。

元々私が観に行った映画館は、小樽と札幌の間にある(場所的には小樽なんだけど)
小樽築港にあるイオン系列の大き目なモールの映画館なのですが
ここがほんともー、人がいないんです。映画館だけじゃなくモールにも。
人がいっぱいがダメな私なんかは結構よく利用させてもらってるのですが、
それでもさすがに公開してすぐに一人ってのは…。
このシリーズ、とても素敵で楽しくて面白くて感動出来て、素晴らしいシリーズって思ってるのですが、世間一般には知名度はそんなに高くないのかなあ???不思議でした。

思えば、「もやしっ子」のヒックでしたもんね、体形はひょろっと。でも瞳はきりっと。
似てなくもないです(笑)

コメントの投稿

トラックバック

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』よみうりホール - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

◆『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』よみうりホール ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★★良く出来てる。面白い、そして正しい】 シリーズ三作目。普通に考えて三部作の三作目、完結編。 これで4作目を作るのは『トイ・ストーリー』くらい無理がある。 一作目は少年の成長物語であると同時に少年は歴史の転換点となる英雄物語でもあった。 二作目は少年にぶち当たる逆境、それを退ける男のドラマみたいな奴...

ヒックとドラゴン 聖地への冒険 - 象のロケット

かつてドラゴンは人間の敵だった。 しかし、弱虫のバイキングの少年“ヒック”と、傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で、共存する道を選びバーク島で平和に暮らしていた。 だがドラゴンが増え続けて島は定員オーバーとなり、若きリーダーに成長したヒックは、島を出て新天地を探し求める決断をする…。 アニメーション。

『ヒックとドラゴン/聖地への冒険』(2019) - 【徒然なるままに・・・】

「ヒックとドラゴン」ではバイキングとドラゴンの、対立からの友情の芽生えを描き、「ヒックとドラゴン2」ではバイキングとドラゴンとの共存の素晴らしさを訴え、そしてこの3作目では、単に一緒にいて仲良く暮らすことがはたしてお互いの為に良いことなのかを抉る。アスティと結婚して名実ともにバイキングの長となり、父祖伝来のバーク島の平和を守ることを求められているヒックはもはや少年ではなく、また独りぼっちだっ...