メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

レッド・スパロー

2019/12/13  21:34
2
3
n_612fxbr83286rpl.jpg
【概略】
誘惑と心理戦を武器にする女スパイ=<レッド・スパロー>。彼女が仕掛ける危険な罠<ハニートラップ>の結末とは!?
サスペンス

.5★★★☆☆
私は、国家の美しい武器。
ジェニファー・ローレンス主演。
ハニートラップを手段とする女スパイが主人公というわりには、官能シーンはあんまりない。それよりも、彼女がそこに行かければならなかった過酷な養成所の描写が印象に残る。でも微妙にみせないけど全裸で股開きとかはあるよ。
病気の母親のため覚悟を決めた、ひとりの女性の凄みが伝わるジェニファー・ローレンスの演技や、どちらが優位に立っているのかわからないような駆け引きも、面白味がありました。
生皮ベロンチョなどの拷問がきついんだけど、拷問係の人の色素の薄い死神感も良かった。一昔前のポール・ベタニ―でもいいような感じだったね!
最終的にはモグラの正体も明かされ、叔父に復讐も成されるので、すっきりではある。
ジェニファー・ローレンスは(元バレエのプリマドンナだっていう運動選手的な部分もあり)マインドが強く、逞しい女性を繊細にそして大胆に好演。
個人的にはハニートラップ万歳のエロ映画になるよりも、こちらのほうがサスペンス的演出が優れているし、なにより、彼女が考えていることが「冷静を装う」その表情から読めないってのが良かったように思います。ヒロインに合い過ぎてて、アメリカ側スパイ役のジョエル・エドガートンの影が薄いったら。
ロシアがやりそう…とかそういう冷たい感じのイメージもあっていたし、なにより物語が陳腐にならなかったことが良かったように思います。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
ボー 2019/12/14 07:48

ジェニファー・

ローレンスさん、若くして、一気に第一線の女優になりましたよね。
こういうチャレンジングな役もやっていく根性が必要なんだろうなーと思ったりしましたー。
コメントアバター画像
maki 2019/12/14 08:44

To ボーさん おはようございます。

ほんと、若くして大女優の貫禄!
それでいて色々な作品にチャレンジされているところは凄いと思います
根性が座ってるというか、今までの役柄とかも考えると、
精神的に強い方なんだろうなとは思います
それこそ運動選手のように(?)自分をコントロール出来るのかしら
でも最近、ジェニローの主演映画出てないような気がするけど、なんかありましたっけ…

コメントの投稿

トラックバック

レッド・スパロー - 象のロケット

怪我のためバレリーナとしての将来を断たれたドミニカは、病気の母に治療を受けさせるためロシア諜報機関の訓練施設へ入所する。 そこは、ハニートラップと心理操作を武器にミッションを遂行するスパイ=<スパロー>の養成機関。 アメリカのCIA局員に接近し、ロシア政府内に潜むスパイの名を聞き出すことになったが…。 サスペンス。

『レッド・スパロー』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

怪我でバレリーナになる夢を失ったドミニカは、ロシア情報庁の幹部である叔父により、病気の母親の治療費を工面する代わりにスパイとなることを承知させられる。彼女の任務は、ロシア情報庁の上層部にいるアメリカへの内通者を突き止めること。早速CIA捜査官ネイトと接触し、内通者の名前を聞き出そうとするドミニカだったが、二人は互いに惹かれ合うようになる。ネイトはドミニカを自分の側へ引き込もうとし、危険な駆け...