メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦

2019/11/27  21:57
2
2
n_620sdv20223rapl.jpg
【概略】
海底を舞台に、人魚族と怪魚族の戦いに巻き込まれたのび太とドラえもんの大活躍を描く。
アニメーション

.0★★★☆☆
ドラえもんのひみつ道具によって地上の人間界に迷い込んでしまった人魚族の姫ソフィア。
ソフィアは可愛いしいい子なんだけど、また宇宙人関連の話かーとちょっと残念。そしてハリ坊がポニョを思い起こさせられる顔で受け付けられない感。
しかも、タイトルに「大海戦」とあるものの、戦闘は小規模で悪役トラギスとブイキンが求めるのが人魚の鎧(これは持ってた)と剣だなんて。宇宙を支配できる~!悪役ってこれしかないの?まあわかりやすいけどさ、ドラえもんに王道以外を求めるのは間違ってるか。
でも海底に降りてきた時の古い昭和歌謡みたいな曲やジブリ意識したかのような楽曲はちょっとな~。
架空水面でブイキンをやっつけるとか、ちょっとややこしい展開で(子供大丈夫?これ)したが、伝説の装備を身に着けるに足り得る素質をもったソフィアさんの話は良かった。でもやはりジブリ的な曲はちょっと気になりました。
最後までとても優しく勇気ある女の子のソフィアは映画ヒロインとしてとても良かったですし、のび太の天然の明るさやほがらかさに感化されて、彼女が「そうね!諦めちゃいけないわね!」とかになるのもドラえもん映画らしい勇気をくれる展開でした。
そして相変わらず唐突に映画に出てくるドラミちゃん、かわゆい。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2019/11/27 22:25

9年前かあ。多分、ドラえもんの声の配役変えて2回目かそこらの時で方向性を見出そうとしていた頃。だから逆に何になろうとしてたのかが分からないのかもしれない。
コメントアバター画像
maki 2019/11/28 19:56

To fjk78deadさん こちらにもありがとう。

これ9年前!?
もうそんなに経つのですね
これが最初の新生ドラえもんのオリジナル映画の初なのかな??
それまではリメイクだったような?
そう考えると、難しい題材だったように思えます

古い昭和歌謡と思ったのは、武田鉄矢さんが歌ってたらしい…とか

コメントの投稿

トラックバック

『ドラえもん のび太の人魚大海戦』をパルコ調布キネマで観る男ふじき - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

んーと、実は 大層、評判がよさそうだし、ちゃんと普通に面白い。 そんな映画にヤクザが因縁ふっかけてるみたいで恐縮なんだけど、「たかだか動くポンチ絵風情が優等生ぶってんじゃねえぜ」と言っておこう。親に睨まれる作品こそ価値がある、なんて捻くれた事を主張する気は全くない。ただ、親といっしょになって持て囃されるような映画は生命力が低い気がする。長い事、作り続けすぎた為に疲弊してしまった「映画ド...

映画 ドラえもん のび太の人魚大海戦 - 象のロケット

架空の水で町を海の底にして、本物の魚を泳がせて遊んでいたのび太とドラえもん。 そこへ人魚族の王女・ソフィアが迷い込んできた。 ドラえもんたちはソフィアと一緒に海の世界へ出かけるが、突然巨大ウツボにおそわれ、しずかちゃんが何者かにさらわれてしまう。 伝説の「人魚の剣」をめぐって、人魚族と怪魚族の戦いが始まるのだった…。 人気冒険アニメ新シリーズ第5弾。