ハッピー・デス・デイ 2U

2019年11月22日
2
1
ホラー
n_605gnbr4949rpl.jpg
【概略】
女子大生が同じ1日を何度も繰り返しながら、殺人鬼の謎に迫るタイムループ型学園ホラー第2弾。ツリーは誕生日の繰り返しからようやく抜け出すが、今度は恋人・カーターのルームメイト・ライアンがタイムループに嵌り、謎の殺人鬼に狙われてしまう。
ホラー

.5★★★☆☆
前作「ハッピー・デス・デイ」が、誕生日に殺されるのを繰り返す話だったのに対し、本作はそれプラス別の次元という設定で、これもまたなかなか面白かった。
前作の犯人(覚えてますか?)も守るってのも面白い試み。「私の命の恩人だわ」とか言われちゃうし。
前作で端役だったカーターのアジア系の友人・ライアンが、ヒロインが別次元に閉じ込められるきっかけを作って再登場し、ハッピーエンドにこぎつけたはずの恋人のカーターや、オタク仲間達と力を合わせながら、次元からの脱出を図るヒロインの奮闘を、亡くなった最愛の母親(別次元だから生きてた!)との再会に絡ませて、「どこでどう生きるのか」に焦点を当てた物語になってました。
でも難しい話ではなく、その決断って誰しもがある意味人生において通る過程かなとも感じました。
まあ、確かに前作のように単純な生き残りホラーではないのですが(コメディ要素強め)。
単純に「2」ではない上手いタイトルと、登場人物が前作と一緒なのが嬉しいですね。
ただ一つ謎なのは、奥さんと一緒に浮気相手を殺そうとする気持ちかな?でも結局奥さんとも別れたがってたから、若い可愛い子なら誰でもいいのね。
親友(?)ダニエルがいい味出してて笑った。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
maki
Posted by maki
大作~B級を幅広く鑑賞中。ホラー、サスペンス・スリラーが好き。
大好き(ღ❛ั◡❛ัღ)
マッツ・ミケルセン、コリン・ファース、ポール・ベタニー、ドニー・イェン その他…
<記事内の★の数:好みかどうか>
★★★★★→☆☆☆☆☆
(面白い)→(微妙)
★★★☆☆(普通)は振り幅が大きいです
星3.5はこう→(.5★★★☆☆)

Comments 2

まだコメントはありません。

ヒロ之  

こんにちは!

こちらにも。
完全にコメディ路線へと振り切ってましたが、これはこれで私は好きでした。
ビッチ=バカというイメージを払拭していました。
結構頭使って行動しているツリーには好印象。
2作目でも吹き替えではやっぱり「トリー」と呼ばれてましたが、もしかして「トゥリー」の発音が「トリー」と聞こえただけなのかしら。

2019/12/05 (Thu) 14:28
maki

maki  

To ヒロ之さん こちらにもありがとう。

そもそもあの大学って偏差値どうなんでしょうね?
ライアンがあの頭脳状態ですし、
実は頭のいい大学なのではないかと思っていたりします
「MITにしとけばよかったー!」てな台詞もありましたし
ヒロインも、無難に文系っぽいけど、実は頭のいい女性ってのがわかりましたし
(いくら命かかってても、あれ暗記するの無理!)

2019/12/05 (Thu) 20:48

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 誕生日のループを解かれた女子大生ツリーが、恋仲となったカーターと新しい朝を迎えていた時、カーターのルームメイトの男子学生ライアンは、車の中で目を覚ます。 大学の研究室で量子冷却反応機(通称SISSY)の開発を進めていた彼に、マスクの殺人鬼が忍び寄る。 …悲鳴と共に目覚めると、そこはまた車の中。 今度はライアンが死のループに飲み込まれたのだった…。 ホラー。

    2019.11.25 (Mon) 04:27 | 象のロケット