アクション・SF・歴史・パニック

シャザム!

n_6161000747359rpl.jpg
【概略】
ビリー・バットソンは都会でたくましく生きる14歳の少年。ビリーは魔法の言葉を叫ぶと、大人の体のスーパーヒーロー、シャザム!に変身できる。そんな力に目覚めた彼に、挑戦状を叩きつけてきたのが邪悪なドクター・シヴァナだった。
アクション

.0★★★☆☆
コメディーヒーロー要素を売りにしているけど、基本的になんか地味。
ヒーロー見た目役のザカリー・リーヴァイもイケメンなんだけど、髪型なのかなんなのか、何かが似合っていない気がするし。でも、悪役であるマーク・ストロングがいう「自分を否定される気持ちがわかるか!」はとてもわかる。
魔術師が悪魔らを押さえていた神殿で、心清いものだけがシャザムに変わり魔術師へとなれる。…で、色々あってビリーがシャザムを受け継ぐんだけど、コミカル要素は楽しいものの、どこが清らかなもの?って感じで最初の調子乗ってるビリ―は正直最悪だったな。フレディが言う通りよね。
でも途中で唐突に「家族も守れないヒーローはヒーローなんかじゃない」って悟る。魔術師の兄弟姉妹も滅んだっていってたから、ビリーは「兄弟姉妹たち」を力を分け与えて復活させたってことかな。そう、里子の兄弟姉妹たちもヒーローに変わるのです。
フレディが「あのスーパーヒーローは僕の親友で明日食堂に来てくれる」って言ったのを、前半でビリーがいかなったせいで皆からはぶられてるのを、ラストでは「やあ、僕の親友!」って形でやり直すのは良かったですね。
コミカルな演出(遠すぎて声が聞こえませんとか)は面白いし、DCのほかヒーローをディスったり、ラストで筋肉隆々のスーパーマンつれてくるのとかもお遊び的で面白いけど、ビリーがまだ子供だからか、中身がほんと子供すぎて、調子に乗ってるイメージしかなかったかな^;
関連記事
ジャンル: 映画
テーマ: 映画感想
( 最終更新日: 2019/11/03 Sun )
  • コメント: 4
  • トラックバック: 3
ランキングに参加しております。 ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

シェアする

コメント

普通の兄ちゃん

だったなー、シャザム。という記憶が。

>ボーさん こちらにもありがとう。

変身したらイケメンになる法則
にはなってるんですが…
全然イケメンにみえないの、どうにかしてほしかったですね
なんだろう、髪の色?髪型?肉体?
何かがマッチしてなかった気がしますです

  • fjk78dead
  • URL

シャザムってヒーローになった時のデザインが絶妙にダサイよね。スクール水着に無理にフリル付けちゃった感じ。

To fjk78deadさん こちらにもありがとう。

そう!コスチュームが超絶にダサい。
特にあのマントのフワフワ具合は、
それ必要なの?王子様ですかって感じ

あと普段のシャザム時の役者さんはイケメンだけど、
これ本作では全くそうみえないのよね…
どういうことかしら

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

** ネタバレあり **「マン・オブ・スティール」、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」、「ジャスティス・リーグ」、「アクアマン」に続く<DCフィルム・ユニバース>の7作目。但し今回はオープニングに<ユニバース>専用のタイトルロゴが流れない。軌道修正を図り今後は「ゆるやかな繋がり」を目指すということだったが、これもその方針変更の...

身寄りのない少年ビリーは、魔術師からスーパーパワーをもらう。 「シャザム!」という魔法の言葉を唱えると、筋肉ムッキムキのスーパーヒーローに変身できるのだ。 しかし、見た目はオトナでも中身はコドモのまま。 ヒーローオタクの少年フレディと一緒に悪ノリしていた彼のパワーを、密かに狙う者がいた…。 コメディ×アクション・エンターテインメント!