メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

スノー・ロワイヤル

2019/10/29  20:05
4
2
n_623dabr5613rpl.jpg
【概略】
息子を麻薬組織に殺された除雪作業員のネルズ・コックスマンは、除雪車で次々と敵を始末していく。
アクション

.0★★★★☆
ハンス・ペテル・モランド監督が「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」をリーアム・ニーソン主演でセルフリメイクしたサスペンスアクション作品。
絶妙なコメディ感(本当の意味で笑いをとるわけではないです)。
オリジナルでもあった、十字架と名前のシーンはやはり良い。
妻は「あの子(カイル)を知らなかった…」と絶望しますが、リーアム・ニーソン演じる父親は、はっきりと、「息子は麻薬はやらない!」と主張する。悲しみの中に浸るか、違和感に抗うか。
それにしても、やはりボコボコ殴るのとか強すぎ(笑)いちいち死人を出したら金網で巻いて渓谷に流すとかも笑えるよね。
オリジナルよりも、ストーリーと台詞がわかりやすくなってると思いました。
元妻が殴られないのも今風、逆に急所つかんで握りつぶしちゃう強さをみせます。部下同士のBLはあったよ。
息子がネルズに意外と懐くのも、読んでやる本が除雪車のカタログなのも同じですね。ここ面白いシーンだものね。
キャラ(組織)それぞれの思惑もあって、最終的には独自で動くのも良いですね。
違う要素はジャケに書かれてる通り、警察も一部参加ってとこかな。あと先住民(対抗組織の立ち位置でしたね)。抗争になるのは、麻薬組織と先住民。警察はおまけです。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
ここなつ 2019/11/01 12:51

こんにちは。

こんにちは。
「いちいち死人を出したら金網で巻いて渓谷に流すとかも笑えるよね。」と書かれていらっしゃるように、真面目な市民だっただけあって、色んなことにルーティンを用いようとする所が可笑しかったです。
キレるといっても、真面目にキレていたような感じでした。
コメントアバター画像
maki 2019/11/02 20:57

>ここなつさん こんばんは。

たしかに、賞をもらうだけあって、生真面目なのかな、
真面目に色々やってるのも笑えますね!
とくに演出などで笑いでもりあげてるわけではないのに
笑えちゃうってところはとても好感度高い演出でした

機会があれば、オリジナルである
「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」もぜひ!
コメントアバター画像
ヒロ之 2019/11/07 14:12

こんにちは!

コメントありがとうございました。
オリジナル版も観てみようかな。
リーアム・ニーソン主演て事でワクワクしながら借りたのですが、ちょっと予想してたのと違って「あれ?」とはなりました。
除雪車で轢き殺し成敗!!←これを期待してたのにw
色んな人物が入り乱れるというプロットそのものは好きでした。
コメントアバター画像
maki 2019/11/07 16:28

To ヒロ之さん こちらにもありがとう。

そうですよね、
>除雪車で轢き殺し成敗

「全員、除雪」とか書いてあるし、そんな感じのイメージですよね(笑)
私はオリジナルから先にみたのですが、そっちでも似たような感じだったのですが、
除雪じゃないのかよ!とそこで理解してたせいか、
さすがにこちらでは除雪殺しはないだろうと思ってました(笑)
そうそう、色んな人の思いが最後に集約する系は面白いですよね~

コメントの投稿

トラックバック

「スノー・ロワイヤル」 - ここなつ映画レビュー

もう随分前に観た作品である。鑑賞から数ヶ月過ぎている。特に理由もなくここまで何も書かずにいたのだが、「公開された時に観た作品はその作品が公開された年の内に感想を書く」と決めているので、いや別に誰に強制された訳でもなく自分自身との約束事なんだけれど、今年もあと2ヶ月強となった今、流石にもうそろそろ書かなくては、と思った次第で。などとの能書きはホント無駄なことこの上ない。だが、そうでもしないと「...

スノー・ロワイヤル - 象のロケット

雪の町キーホー。 除雪作業員ネルズ・コックスマンの一人息子が、地元のマフィアによって殺された。 復讐を決意したネルズは、除雪作業で身に付けた土地勘と体力と犯罪小説で続んだ知識を頼りに、一人また一人とマフィアを追い詰めていく。 ところがマフィアの方は、それを敵対する麻薬組織の仕業だと勘違いしてしまう…。 クライム・サスペンス。