メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

一枚のめぐり逢い

2019/10/18  21:16
0
1
n_6161000336236rpl.jpg
【概略】
戦場で美しい女性の写真を拾ったローガンは、帰国後その女性を探し始める。
ラブロマンス

.0★★★☆☆
ザック・エフロン主演、ニコラス・スパークス原作。
写真の女性のおかげで、戦場で命拾いをしたローガン。PTSDにも悩まされ…。とにかく、彼女を見つけ出すと決め、姉の家を飛び出す。
元海兵隊役のザッ君(もう君づけはあれかな…)、イケメンすぎだよね…。
彼女ベスは見つけたものの、写真の事を言いだそうとした時に手違いで「従業員応募」と勘違いされ、とりあえず雇われるローガン(笑)もともと、ゼウスという犬を飼っていたし。
彼女が離婚した夫は警官、息子と祖母と一緒に住んでいる。一方ローガンは、25歳で3回戦地へ…だからかな、なんだか悟ったような雰囲気、瞳をしてる。終始落ち着いた、彼のたたずまいにときめいてしまう。
元海兵隊の逞しいイケメンに好意持たれて久々にときめいてしまってベスが慌てふためく様とか可愛らしかったな。
でも元夫のキースが、親権をたてに脅してくる。しかし祖母の言葉にベスは、そんな脅しには屈しない!と宣言、愛し合うベスとローガン…。「どうしてこの町に来たの?」「…君を探して」でもまだ事情を打ち明けてないのです。
キースはベスの写真をもって探してた男がローガンだったって知ってしまう。ストーカー容疑+ベスの兄を撃った仲間の兵なのではないかと疑われるローガンは、その夜、事情を打ち明けるも、うまく言えなくて。「写真は兄さんが持ってた。兄さんを助けるはずだった!」と言ってしまうベス。そもそもがこの兄の存在が急激に2人を結び付けたわけで。
キースは息子のバイオリンで改心しかけたんだから死ぬ必要なさそうな気もするけど、とにかくローガンとキースのおかげで橋から落ちた息子が助かる。
そして戦場にいたときにエースと呼ばれてた男性が、ベスの兄だったとわかるのだ。彼の最期は、撃たれた味方に付き添っていて撃たれたというものだった。「今更俺がこんなこと言っても信用できないかもしれないけれど」去ろうとするローガンを、ようやくベスが引き留める。「私たちとずっと一緒にいて」
キスばっかりしてた映画でしたけど、ザっ君が「毎日、毎分、毎秒、キスしよう」と言ってたのでこれはこれで良いのだ…。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

一枚のめぐり逢い - 象のロケット

アメリカ海軍軍曹のローガンは、イラクの戦場で誰かが落とした女性の写真を拾う。 以来、危険な目に遭っても奇跡的に生き延びてきた彼は、帰還後、その女性に会いに行こうと思い立つ。 彼女ベスの名前と住所を知り、彼女の家が営むペットショップで働き始めた彼は、なかなかベスに写真のことを言い出せずにいた。 やがて二人は恋に落ちるのだが…。 ラブ・ストーリー。