アガサ・クリスティー ねじれた家

2019年10月17日
0
2
サスペンス・スリラー
n_623dabr5603rpl.jpg
【概略】
ギリシャから英国へ渡りレストラン経営で大成功を収めたアリスティド・レオニデスが殺された。孫娘のソフィアは、かつての恋人・チャールズの探偵事務所に捜査を依頼する。
サスペンス

.0★★★☆☆
アガサ・クリスティーの本ミステリーははるか昔に読んでいるはずなんだけれど、正直どんな話だったか覚えてない。
塔で見つかったラブレターが後妻を犯人とする状況証拠なんですけど、これ実は幼いジョセフィンが書いたものなんですよね。
ジョセフィンはなんでも知っているし賢い。大叔母イーディスになついているし、そしてジョセフィンがいつも書いている日記をみつけてしまってイーディスは知ってしまった。
つまらないからなにか起きないかなってレベルで大祖父を殺し、ナニーがガミガミ言うから彼女も殺す。
当然このままではジョセフィンは精神疾患者として病院へ入れらてしまうし、無実の後妻とその愛人の家庭教師も絞首刑にされてしまうのが耐えられないと思ったイーディスは、親心…ではないけど、涙ながらにジョセフィンを乗せた車ごとがけへ転落、爆発するのだった…。
…という話をみせられても、全然小説の内容思い出せなかったわ…。
意外といえば意外な人物が犯人なんだけれど、どろどろの家庭内情の中で一番無害そうにみえる「ホームズ」が犯人というのは、「ワトソン」がっかりよね…。
結局、莫大な財産は子供は特に欲しいとは思わず、肝心のソフィアに遺産の殆どがいったというのは、祖父レオニデスの英断だったんだろうね。
本作は上品な調度品のある豪邸の中など、豪華な建物内も魅力な作品でした。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
maki
Posted by maki
大作~B級を幅広く鑑賞中。ホラー、サスペンス・スリラーが好き。
大好き(ღ❛ั◡❛ัღ)
マッツ・ミケルセン、コリン・ファース、ポール・ベタニー、ドニー・イェン その他…
<記事内の★の数:好みかどうか>
★★★★★→☆☆☆☆☆
(面白い)→(微妙)
★★★☆☆(普通)は振り幅が大きいです
星3.5はこう→(.5★★★☆☆)

Comments 0

まだコメントはありません。

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 一代で巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスの突然の死。私立探偵のチャールスは、レオニデスの孫娘で死体の第一発見者である元恋人ソフィアから、祖父は誰かに毒殺されたとして調査を依頼される。亡き前妻の姉・大伯母イーディス、若い後妻のブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男フィリップと女優を続けたい妻マグダ、その子どもである長女ソフィア、長男ユースタス、次女ジョセフィンの姉弟妹たち、父から受け継いだ会社...

    2019.10.18 (Fri) 21:25 | 【徒然なるままに・・・】
  • 無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。 私立探偵チャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。 広大な屋敷では、一族が巨額の遺産を巡って疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っており、チャールズはソフィアを含む全員に殺害動機があることに気づく…。 ミステリー。

    2019.10.20 (Sun) 02:27 | 象のロケット